【内閣府】経済財政運営と改革の基本方針2019


■概要(4P)

教育関係では「人づくり革命」として以下の記載あり。

□幼児・高等教育等無償化

 ●幼児教育・保育無償化・質の確保・向上、2020年度高等教育無償化・私立高校実質無償化


□初等中等教育改革

 ●教育システムの複線化

 ●教育の情報化:データのデジタル化・標準化、希望する小・中・高での遠隔教育活用

 ●中途退学の未然防止のための体制整備、中退者への切れ目ない支援

 ●多様な高校教育:特色ある教育のための類型化などの普通科改革、

 ●多様な高校教育:高大連携、地域・グローバル人材の育成

 ●学校における働き方改革:業務の効率化・精選、指導・事務体制の強化・充実


□大学改革

 ●未来社会の構想・設計力などSociety 5.0時代に求められる能力の育成

 ●STEAM教育の充実:AI・数理・データサイエンス教育

 ●専門職大学や専門学校等における企業等と連携した実践的な職業教育

 ●大学の連携・統合


□リカレント教育

 ●大学や専修学校等のリカレント教育の拡大

 ●人材の育成などにおける民間企業等の知見・ノウハウの最大限活用

 ●早期卒業・長期履修制度や単位累積加算制度の活用、学位取得の弾力化


■経済財政運営と改革の基本方針2019~「令和」新時代:「Society 5.0」への挑戦~(令和元年6月21日閣議決定) (81P)


※まだ読めてない



5回の閲覧

最新記事

すべて表示

文科省の補正情報

岸田政権の補正事業。 教育ICT関係も多少ある。 https://www.mext.go.jp/a_menu/yosan/r01/1420672_00002.htm 総額では大きいけど、ICT関係はそんなでもないな。 GIGA関係は201億円。そんなでもないな。 ① GIGAスクール運営支援センター 52億円 よくわからないのが、「全国一斉の学校ネットワークの点検・応急対応」も入っているところ。運

もう12月だ!

予算要求に向けて5月から色々準備してきたが、いざ資料調整してみると、色々と問題が出てくるな~。まあ、仕方ない。 下書きのまま、数か月たってしまった。 中々モチベーションを維持するのも大変だ。 ■文科省は「情報教育・外国語教育課」を廃止し、これまで担ってきた業務を局内の各課で担当する 責任が各課に薄まって、何も進まなくなる王道パターンの予感・・・・ ■WEBプロキシとは? 仕組みや機能・メリットにつ

memo整理

■Google Meetで文字起こしやチャット保存を実現する無償のChrome拡張 こえもじは、音声認識技術を活用したGoogle Meet用のChrome向け拡張機能。会話の音声を文字起こしして、字幕として画面上やチャット欄に表示する「字幕送信機能」(日本語のみ対応)、チャットに記入した内容を画面上に流して表示する「流れるチャット機能」、チャットの履歴を保存できる「チャット履歴ダウンロード機能」