【総務省】総務省「地域におけるIoTの学び推進事業」実証事業 成果発表会

リンクはこちら。


○実証事業 採択事業者

・北海道 十勝EdTechコンソーシアム(学校法人帯広コア学園)

     北海道ICT人材育成協議会(一般社団法人オープン教育研究所)

・青森県 三戸地方未来塾(三戸町)

・群馬県 ぐんまプログラミング教育推進協議会(株式会社上毛新聞社)

・東京都 こどものミライ協議会(株式会社D2C)

・埼玉県 新座IoTの学び推進協議会(特定非営利活動法人新座子育てネットワーク)

・神奈川県 ヒラメキICTクラブ(一般社団法人全国中学校理科教育研究会支援センター)

      つづきIot学習推進協議会(特定非営利活動法人I Loveつづき)

      かながわICTクラブ運営協議会(株式会社教育ネット)

・長野県 長野ブートストラップ少年団運営協議会(株式会社アソビズム)

・石川県 加賀市地域ICTクラブ推進協議会(加賀市)

・福井県 福井県こどもプログラミング協議会(一般社団法人福井県情報システム工業会)

・静岡県 川根本町地域ICTクラブ推進協議会(川根本町)

・奈良県 三郷町ICT学び推進協議会(三郷町)

・広島県 MIHARAプログラミング教育推進協議会(一般社団法人RoFReC)

・愛媛県 モックアップ内子協議会(株式会社武田林業)

・佐賀県 志田林三郎ICTクラブ(株式会社オプティム)

・長崎県 島原地域ICTクラブ推進協議会(株式会社ケーブルテレビジョン島原)

・鹿児島県 鹿児島県地域ICTクラブ推進協議会(ライフイズテック株式会社)


○追加採択(メンター育成) 採択事業者

・福島県 会津若松市地域ICTクラブ推進協議会(学習ソフトウェア情報研究センター)

・新潟県 新潟県南魚沼市総合支援学校後援会・ICTクラブ(大日本印刷株式会社)

・徳島県 美波IoT推進ラボ「学びの推進事業部会」(株式会社あわえ)

・沖縄県 八重山圏域ICTクラブ創設推進協議会(合同会社パワナ)

31回の閲覧

最新記事

すべて表示

4月上旬まとめ

■教育データの利活用に関する有識者会議 論点整理(中間まとめ) 後で読む。 しかしタブレットを漸く導入して、さてこれから使い方の研修を・・・といったところが殆どだろうに、こんな話をされても・・・といったところじゃないのか。 GIGA整備みたいに、とりあえず発注して企業と契約してしまえば何とかなったのとはだいぶ違う。職員に相当なレベルのスキルが必要になるのでは。あるいは、ベネッセみたいな大きなところ

【3月29日】国の動きなど

■「#教師のバトン」プロジェクト 文科省のこのプロジェクト、色々な意味で大盛り上がりである。どこに着地させるつもりなのか、注目。 ■教育再生実行会議 余裕があれば読む・・・と思って読まない気がする・・・ 土日に登録した色々なオンラインのものも、最近はダウンしたまま見れてない・・・ ざっと読んで異論はないけど、これを「実務」としたときに、いったい誰がこれだけのことをできるというのか。 ハード整備は業

今年度も残り1ヶ月か

発注済みのGIGA関係事業の年度内完了に向けた作業と、新年度から動くための各種の準備で死ねる。他の自治体も本当に年度内に始末できるんだろうか?事故繰が全国で頻発しないのだろうか? 整備だけなら何とか済みそうだが、ソフトもハードも組織も、問題なく本番運用できるかどうか、非常に不安だ。 とにかく、やることにキリが無い。「できない、わからない」と言ってしまえば楽にはなるけど、そんなしょーもないスタンスで