top of page

【総務省】総務省「地域におけるIoTの学び推進事業」実証事業 成果発表会


○実証事業 採択事業者

・北海道 十勝EdTechコンソーシアム(学校法人帯広コア学園)

     北海道ICT人材育成協議会(一般社団法人オープン教育研究所)

・青森県 三戸地方未来塾(三戸町)

・群馬県 ぐんまプログラミング教育推進協議会(株式会社上毛新聞社)

・東京都 こどものミライ協議会(株式会社D2C)

・埼玉県 新座IoTの学び推進協議会(特定非営利活動法人新座子育てネットワーク)

・神奈川県 ヒラメキICTクラブ(一般社団法人全国中学校理科教育研究会支援センター)

      つづきIot学習推進協議会(特定非営利活動法人I Loveつづき)

      かながわICTクラブ運営協議会(株式会社教育ネット)

・長野県 長野ブートストラップ少年団運営協議会(株式会社アソビズム)

・石川県 加賀市地域ICTクラブ推進協議会(加賀市)

・福井県 福井県こどもプログラミング協議会(一般社団法人福井県情報システム工業会)

・静岡県 川根本町地域ICTクラブ推進協議会(川根本町)

・奈良県 三郷町ICT学び推進協議会(三郷町)

・広島県 MIHARAプログラミング教育推進協議会(一般社団法人RoFReC)

・愛媛県 モックアップ内子協議会(株式会社武田林業)

・佐賀県 志田林三郎ICTクラブ(株式会社オプティム)

・長崎県 島原地域ICTクラブ推進協議会(株式会社ケーブルテレビジョン島原)

・鹿児島県 鹿児島県地域ICTクラブ推進協議会(ライフイズテック株式会社)


○追加採択(メンター育成) 採択事業者

・福島県 会津若松市地域ICTクラブ推進協議会(学習ソフトウェア情報研究センター)

・新潟県 新潟県南魚沼市総合支援学校後援会・ICTクラブ(大日本印刷株式会社)

・徳島県 美波IoT推進ラボ「学びの推進事業部会」(株式会社あわえ)

・沖縄県 八重山圏域ICTクラブ創設推進協議会(合同会社パワナ)

閲覧数:33回

最新記事

すべて表示

生成AI関係

■ChatGPTの新機能Code Interpreter ・ノートの説明 AI技術を駆使してプログラムコードを解釈する便利さから、世界中の開発者や技術者に注目されていますとあるから、素人にはあんまり関係ないかも。 「Code Interpreter」でできること【活用事例7選】 ・コードの理解と生成:Code Interpreterはプログラムコードを理解し、新たなコードを生成することができます。

デジ田共通基盤IDまとめ

参照先はこれ。 (令和4年度第2次補正予算)デジタル田園都市国家構想交付金(デジタル実装タイプTYPE2/3/マイナンバーカード横展開事例創出型)活用事例について デジタル田園都市国家構想交付金デジタル実装タイプ(TYPE2/3)の活用事例(2023年4月17日掲載)・・・234ページで30自治体くらいかな。 デジタル田園都市国家構想交付金デジタル実装タイプマイナンバーカード利用横展開事例創出型の

電子行政ニュース(4月15日~4月21日)

〇おおいた公共施設案内・予約システムの構築・運用に係る情報提供依頼(RFI)について 〇奥州市公共施設予約管理システム調達について公募型プロポーザル方式により募集します 施設予約システムごとき、packageでいいようにも思うけど、大規模自治体だと違うのかねー、と思ったが、前者は共同調達か。 後者も予算規模が5千万円を超えている。 〇常総市空き家活用基盤構築業務に関する公募型プロポーザルの実施につ

Comments


bottom of page