【記事】次世代学校支援モデル構築事業 校務系と学習系の連携

元記事は教育新聞。


大阪市教育委員会事務局 学校園ICTシニアアドバイザー 山本 圭作


文科省は17年度に新規事業として「次世代学校支援モデル構築事業」を予算化し実証事業化を図り全国に公募した。


大阪市は、小中学校(422校)に学習用タブレットの整備と、それを安全かつ有効に活用するための学習用プラットホームを構築し、児童生徒が学習系ソフトを利用できる環境を整えてきた。


■エビデンスの見える化を実現し学校・学級経営の深化を図る

①学習系データの取得と分析

単元ドリル、小テスト・単元テスト、定期テストの結果と、校務系システムの成績情報や日常所見を組み合わせ、児童生徒の理解度の把握を目指す。学習系システムで取得される日々の充実度や授業理解度と校務系システムの日常所見と組み合わせ、児童生徒理解の深化を目指す。


②セキュリティーを確保した学習、校務、行政データの連携

本市が運用する統合型校務支援システムと学習系システム間のデータ連携、データ分析およびダッシュボードによるポータル表示を構築する。


③学級、学校経営に資するデータの提供

ダッシュボードのポイントは、マネジメント改革。学級・学校経営において、教員が、校長が、どういう課題認識を持っていて、そのためにどのようなデータを必要としているかを検証する。

閲覧数:56回

最新記事

すべて表示

■国関係 〇大臣会見2本 https://www.digital.go.jp/news/minister-220930-01/ https://www.digital.go.jp/news/minister-220926-01/ 〇会議 /地方公共団体の基幹業務等システムの統一・標準化に関する関係府省会議(第2回)(令和4年9月30日開催) デジタル田園都市における地域幸福度指標(Well-Bei

■AWS関係 こんなことまでするようになったんだ。 〇つくば市とAWS、研究開発型スタートアップの成長加速に向け連携 〇浜松市と AWS、デジタル・スマートシティ浜松の実現に向け連携 ■フォーラム デジタル市役所に向けDX推進、人材育成とガバクラ対応に悩み 後でゆっくり読むこと。 ■自治体RFI 今回はあんま参考になるのがない。 〇前橋市予算執行業務のDX推進(物品発注、電子請求書発行・管理、会計

東京と比較しても仕方ないけど、やはり大規模都市の方が色々楽しいだろうな~ ・これまでの延長線上にはない、東京全体のDXを推進するための新たな展開を発表。 ・場所は、「スマート東京」先行実施エリアのDXやイノベーション企業が集結する「Shin Tokyo 4TH」。 ・都庁内外の力を結集してイノベーティブなサービスを生み出し、高度なデジタル人材を採用、また、都内区市町村も含めたDXを推進し、そして、