また国補正があるようだ

まだ正式なペーパーは出てないようだが、補助金タブレットの前倒しとか、家庭の通信環境の整備とか言っている。


今回のコロナで教育にもICTが必要だと強く再認識されたのはわかる。

遠隔教育ができれば、そりゃいいだろう。


でもねー

ただでさえ無茶な制度設計とスケジュールなのに、更にぶっこまれても困る。

特に、家庭への補助金なんてあり得るのだろうか?LTEモデルタブレットを、通信料負担込みで配布するのだろうか?

それならそれで、Wi-Fi整備しなくてよくなるので話は早いけど。


でもまた文科省のことだから、訳の分からない条件をつけたりして、また滅茶苦茶にしてくれそうな予感。


今後注視するしかない。

閲覧数:136回

最新記事

すべて表示

■AWS関係 こんなことまでするようになったんだ。 〇つくば市とAWS、研究開発型スタートアップの成長加速に向け連携 〇浜松市と AWS、デジタル・スマートシティ浜松の実現に向け連携 ■フォーラム デジタル市役所に向けDX推進、人材育成とガバクラ対応に悩み 後でゆっくり読むこと。 ■自治体RFI 今回はあんま参考になるのがない。 〇前橋市予算執行業務のDX推進(物品発注、電子請求書発行・管理、会計

東京と比較しても仕方ないけど、やはり大規模都市の方が色々楽しいだろうな~ ・これまでの延長線上にはない、東京全体のDXを推進するための新たな展開を発表。 ・場所は、「スマート東京」先行実施エリアのDXやイノベーション企業が集結する「Shin Tokyo 4TH」。 ・都庁内外の力を結集してイノベーティブなサービスを生み出し、高度なデジタル人材を採用、また、都内区市町村も含めたDXを推進し、そして、

今週は小規模自治体の参考になりそうなネタはなし。 ■デジタル庁が公金受取口座登録の情報を行政機関に10月から提供、給付事務を簡素化 デジタル庁は2022年10月11日から給付金などの給付事務を行う行政機関に対し、公金受取口座登録された口座情報を提供開始する。河野太郎デジタル相が2022年9月9日の記者会見で明らかにした。 公金受取口座登録制度とは、銀行などの預貯金口座情報をあらかじめ自身のマイナポ