デジタル田園都市国家構想基本方針が出た

更新日:6月5日

6月6日

一先ずざっと読んだ。


31ページに以下のとおりある。

「…まち・ひと・しごと創生法に基づく枠組みを有効に活用する。具体的には、年内を目途に国においてまち・ ひと・しごと創生総合戦略を抜本的に改訂し、デジタル田園都市国家構想総合戦略(仮称)を策定する。・・・構想の実現が実効的に進むよう、構想に関連する施策のロードマップも策定し、取組を進めていく。地方は改訂された国の総合戦略に基づき、コロナ禍やデジタル技術の浸透・進展など時宜を踏まえて、目指すべき地域像を再構築し、地方版総合戦略を改訂するよう努め、具体的な地方活性化の取組を果敢に推進する。」


要は、デジタルを基軸に総合戦略を練り直せ、ということか。既に先進自治体はDX方針を打ち出しているので、それとかなりダブる内容になるんだろうけど。

当初予算に間に合わせるなら、年内公表という国の総合戦略を待たずに準備しておかないとなあ。

GIGAスクールの時みたいな、IT企業の奪い合いになるんじゃなかろうか。そんでまた予算のない自治体が取り残される、と。交付金も色々出るだろうし、結構な業務量になりそうな予感がする。

========================

これから読む。

https://www.cas.go.jp/jp/seisaku/digital_denen/dai8/gijisidai.html


閲覧数:7回

最新記事

すべて表示

CNETの記事。 スキルアップのためのサイトのようだ。 日本リスキリングコンソーシアムのサイト。 日本リスキリングコンソーシアムでは、条件にあったトレーニングプログラムの検索・申し込み・受講記録をはじめ、希望者には就職支援サイトへのエントリーや就職活動状況の記録が行えます。登録情報や受講履歴に基づいたあなたにおすすめのトレーニングプログラムや就職支援サイトが表示され、スキルアップの計画や就職活動に

解説リンクをまとめる。 〇NRI こっちも ゼロトラスト実装の課題とメリット ゼロトラストがカバーする領域は幅広く、いざ実装しようとしても、どこから着手してよいのか悩んでいる企業が多いのが実態です。また、ゼロトラストは「誰が・どのデバイスが、どのデータリソースに対してアクセスしうるかを常に認証・認可すること」「リアルタイムでモニタリングすること」「これに応じてアクセス制御を動的に行うこと」が求めら

一般社団法人情報サービス産業協会(JISA)のサイトより。 提言書の内容をコピペしようと思ったら、画像じゃないか。不親切だな。 【本文および補足資料】 ○提言書「デジタル社会への円滑な移行」に向けた提言 ○提言書 補足資料 【論旨】 市町村の94%が人口20万人未満だと、情報担当は6人以下だ。ベンダの協力なしにはDXは進まない。 更に、人口5万人未満では3.8人だ。(これは実感できる数字だ) ※根