top of page

デジタル田園都市国家構想基本方針が出た

更新日:2022年6月6日

6月6日


31ページに以下のとおりある。

「…まち・ひと・しごと創生法に基づく枠組みを有効に活用する。具体的には、年内を目途に国においてまち・ ひと・しごと創生総合戦略を抜本的に改訂し、デジタル田園都市国家構想総合戦略(仮称)を策定する。・・・構想の実現が実効的に進むよう、構想に関連する施策のロードマップも策定し、取組を進めていく。地方は改訂された国の総合戦略に基づき、コロナ禍やデジタル技術の浸透・進展など時宜を踏まえて、目指すべき地域像を再構築し、地方版総合戦略を改訂するよう努め、具体的な地方活性化の取組を果敢に推進する。」


要は、デジタルを基軸に総合戦略を練り直せ、ということか。既に先進自治体はDX方針を打ち出しているので、それとかなりダブる内容になるんだろうけど。

当初予算に間に合わせるなら、年内公表という国の総合戦略を待たずに準備しておかないとなあ。

GIGAスクールの時みたいな、IT企業の奪い合いになるんじゃなかろうか。そんでまた予算のない自治体が取り残される、と。交付金も色々出るだろうし、結構な業務量になりそうな予感がする。

========================

これから読む。

https://www.cas.go.jp/jp/seisaku/digital_denen/dai8/gijisidai.html


閲覧数:10回

最新記事

すべて表示

生成AI関係

■ChatGPTの新機能Code Interpreter ・ノートの説明 AI技術を駆使してプログラムコードを解釈する便利さから、世界中の開発者や技術者に注目されていますとあるから、素人にはあんまり関係ないかも。 「Code Interpreter」でできること【活用事例7選】 ・コードの理解と生成:Code Interpreterはプログラムコードを理解し、新たなコードを生成することができます。

デジ田共通基盤IDまとめ

参照先はこれ。 (令和4年度第2次補正予算)デジタル田園都市国家構想交付金(デジタル実装タイプTYPE2/3/マイナンバーカード横展開事例創出型)活用事例について デジタル田園都市国家構想交付金デジタル実装タイプ(TYPE2/3)の活用事例(2023年4月17日掲載)・・・234ページで30自治体くらいかな。 デジタル田園都市国家構想交付金デジタル実装タイプマイナンバーカード利用横展開事例創出型の

電子行政ニュース(4月15日~4月21日)

〇おおいた公共施設案内・予約システムの構築・運用に係る情報提供依頼(RFI)について 〇奥州市公共施設予約管理システム調達について公募型プロポーザル方式により募集します 施設予約システムごとき、packageでいいようにも思うけど、大規模自治体だと違うのかねー、と思ったが、前者は共同調達か。 後者も予算規模が5千万円を超えている。 〇常総市空き家活用基盤構築業務に関する公募型プロポーザルの実施につ

Comments


bottom of page