個人情報保護法制

毎日新聞

時事通信


■概要

 これまで、国と地方自治体、民間でバラバラになっている個人情報の保護ルールが一本化されることになる。

 これは行政デジタル化推進の流れの中の動きで、行政機関・独法・民間を対象とする個人情報保護法制を一本化するもの。個人情報保護法改正案を2021年1月召集の通常国会に提出、成立を目指す。

 これにより、全国的なルールが統一され、行政サービスの効率化や官民のデータ利活用促進となる。現状は、国・独法・民間企業を対象とする三つの法律と、地方自治体条例が乱立する。

 コロナも契機となったようだ。政府は個人情報の定義などをそろえた共通ルールを地方自治体にも適用する。


■資料

内閣官房の個人情報保護制度の見直しに関するタスクフォース


弁護士事務所のサイトの解説




まあ、全国共通ルールになって、今のクラウド利用時の面倒な議論がなくなればいい、といった程度の理解でいいや。


閲覧数:22回

最新記事

すべて表示

■AWS関係 こんなことまでするようになったんだ。 〇つくば市とAWS、研究開発型スタートアップの成長加速に向け連携 〇浜松市と AWS、デジタル・スマートシティ浜松の実現に向け連携 ■フォーラム デジタル市役所に向けDX推進、人材育成とガバクラ対応に悩み 後でゆっくり読むこと。 ■自治体RFI 今回はあんま参考になるのがない。 〇前橋市予算執行業務のDX推進(物品発注、電子請求書発行・管理、会計

東京と比較しても仕方ないけど、やはり大規模都市の方が色々楽しいだろうな~ ・これまでの延長線上にはない、東京全体のDXを推進するための新たな展開を発表。 ・場所は、「スマート東京」先行実施エリアのDXやイノベーション企業が集結する「Shin Tokyo 4TH」。 ・都庁内外の力を結集してイノベーティブなサービスを生み出し、高度なデジタル人材を採用、また、都内区市町村も含めたDXを推進し、そして、

今週は小規模自治体の参考になりそうなネタはなし。 ■デジタル庁が公金受取口座登録の情報を行政機関に10月から提供、給付事務を簡素化 デジタル庁は2022年10月11日から給付金などの給付事務を行う行政機関に対し、公金受取口座登録された口座情報を提供開始する。河野太郎デジタル相が2022年9月9日の記者会見で明らかにした。 公金受取口座登録制度とは、銀行などの預貯金口座情報をあらかじめ自身のマイナポ