先進自治体のタブレット調達が揃ってきた

GIGA HUB WEB を見ていると自治体の調達が揃ってきたが、やはり一番整っているのは鹿児島県教育委員会か。

OS別のプロポーザルだが、4.5万円と上限6.5万円の範囲内で企業に提案を求めている。仕様を読んでもこれ以上は書きようがないといった過不足の無い内容だ。具体的に何がどう必要なのかを理解しているからこそ、ここまで書けるのだろう。

レベルの高い職員がいて知見のストックがあるところはやはりしっかりしている。


次に目立つのが奈良県教育委員会かね。何だかリンクが消えたりしてる気がするが。

目指す理念を踏まえて企業に提案を求めるスタンスか。


ただ、これで企業からベストの提案が出るのだろうか?

企業にとっては利益だけが重要・・・とまでは言わないが、根本的な教育理念とかまで考慮するのだろうか?

鹿児島や奈良は企業との付き合いも長いだろうから、その辺の所は確証があってやっているんだろうか。


あと、その他の県も載っているけど、4.5万円で箱だけ買うだけなので参考にするほどではないかな。


タブレットを箱で買うだけなら単純だが、問題は導入コストの見極めだ。

intuneなりChrome Education UpgradeなりASMなり、具体的な導入にかかる人件費を見極めないと、妥当なコスト算定ができない。

そういう意味で、やっぱりテスト的に1学年だけでも先行して入札したいなー


また導入コストもだけど、運用コストも大事。

これまでみたいな、契約したらあとは全部業者任せみたいなのだと高コストになる。上流から下流まで、全ての作業を自分の目で見て理解して実感してからでないと、確証を持って言えないな。


・・・・色々なことが一気に動いていく。全国の教育委員会職員がついていけているのだろうか。

 個人的には文科省を全く信用していないので、自治体独自の推進団体などを作っていかないと行けない気がする。











343回の閲覧

最新記事

すべて表示

文科省の補正情報

岸田政権の補正事業。 教育ICT関係も多少ある。 https://www.mext.go.jp/a_menu/yosan/r01/1420672_00002.htm 総額では大きいけど、ICT関係はそんなでもないな。 GIGA関係は201億円。そんなでもないな。 ① GIGAスクール運営支援センター 52億円 よくわからないのが、「全国一斉の学校ネットワークの点検・応急対応」も入っているところ。運

もう12月だ!

予算要求に向けて5月から色々準備してきたが、いざ資料調整してみると、色々と問題が出てくるな~。まあ、仕方ない。 下書きのまま、数か月たってしまった。 中々モチベーションを維持するのも大変だ。 ■文科省は「情報教育・外国語教育課」を廃止し、これまで担ってきた業務を局内の各課で担当する 責任が各課に薄まって、何も進まなくなる王道パターンの予感・・・・ ■WEBプロキシとは? 仕組みや機能・メリットにつ

memo整理

■Google Meetで文字起こしやチャット保存を実現する無償のChrome拡張 こえもじは、音声認識技術を活用したGoogle Meet用のChrome向け拡張機能。会話の音声を文字起こしして、字幕として画面上やチャット欄に表示する「字幕送信機能」(日本語のみ対応)、チャットに記入した内容を画面上に流して表示する「流れるチャット機能」、チャットの履歴を保存できる「チャット履歴ダウンロード機能」