top of page

先進自治体のタブレット調達が揃ってきた

GIGA HUB WEB を見ていると自治体の調達が揃ってきたが、やはり一番整っているのは鹿児島県教育委員会か。

OS別のプロポーザルだが、4.5万円と上限6.5万円の範囲内で企業に提案を求めている。仕様を読んでもこれ以上は書きようがないといった過不足の無い内容だ。具体的に何がどう必要なのかを理解しているからこそ、ここまで書けるのだろう。

レベルの高い職員がいて知見のストックがあるところはやはりしっかりしている。


次に目立つのが奈良県教育委員会かね。何だかリンクが消えたりしてる気がするが。

目指す理念を踏まえて企業に提案を求めるスタンスか。


ただ、これで企業からベストの提案が出るのだろうか?

企業にとっては利益だけが重要・・・とまでは言わないが、根本的な教育理念とかまで考慮するのだろうか?

鹿児島や奈良は企業との付き合いも長いだろうから、その辺の所は確証があってやっているんだろうか。


あと、その他の県も載っているけど、4.5万円で箱だけ買うだけなので参考にするほどではないかな。


タブレットを箱で買うだけなら単純だが、問題は導入コストの見極めだ。

intuneなりChrome Education UpgradeなりASMなり、具体的な導入にかかる人件費を見極めないと、妥当なコスト算定ができない。

そういう意味で、やっぱりテスト的に1学年だけでも先行して入札したいなー


また導入コストもだけど、運用コストも大事。

これまでみたいな、契約したらあとは全部業者任せみたいなのだと高コストになる。上流から下流まで、全ての作業を自分の目で見て理解して実感してからでないと、確証を持って言えないな。


・・・・色々なことが一気に動いていく。全国の教育委員会職員がついていけているのだろうか。

 個人的には文科省を全く信用していないので、自治体独自の推進団体などを作っていかないと行けない気がする。











閲覧数:346回

最新記事

すべて表示

生成AI関係

■ChatGPTの新機能Code Interpreter ・ノートの説明 AI技術を駆使してプログラムコードを解釈する便利さから、世界中の開発者や技術者に注目されていますとあるから、素人にはあんまり関係ないかも。 「Code Interpreter」でできること【活用事例7選】 ・コードの理解と生成:Code Interpreterはプログラムコードを理解し、新たなコードを生成することができます。

デジ田共通基盤IDまとめ

参照先はこれ。 (令和4年度第2次補正予算)デジタル田園都市国家構想交付金(デジタル実装タイプTYPE2/3/マイナンバーカード横展開事例創出型)活用事例について デジタル田園都市国家構想交付金デジタル実装タイプ(TYPE2/3)の活用事例(2023年4月17日掲載)・・・234ページで30自治体くらいかな。 デジタル田園都市国家構想交付金デジタル実装タイプマイナンバーカード利用横展開事例創出型の

電子行政ニュース(4月15日~4月21日)

〇おおいた公共施設案内・予約システムの構築・運用に係る情報提供依頼(RFI)について 〇奥州市公共施設予約管理システム調達について公募型プロポーザル方式により募集します 施設予約システムごとき、packageでいいようにも思うけど、大規模自治体だと違うのかねー、と思ったが、前者は共同調達か。 後者も予算規模が5千万円を超えている。 〇常総市空き家活用基盤構築業務に関する公募型プロポーザルの実施につ

bottom of page