top of page

先進自治体のタブレット調達が揃ってきた

GIGA HUB WEB を見ていると自治体の調達が揃ってきたが、やはり一番整っているのは鹿児島県教育委員会か。

OS別のプロポーザルだが、4.5万円と上限6.5万円の範囲内で企業に提案を求めている。仕様を読んでもこれ以上は書きようがないといった過不足の無い内容だ。具体的に何がどう必要なのかを理解しているからこそ、ここまで書けるのだろう。

レベルの高い職員がいて知見のストックがあるところはやはりしっかりしている。


次に目立つのが奈良県教育委員会かね。何だかリンクが消えたりしてる気がするが。

目指す理念を踏まえて企業に提案を求めるスタンスか。


ただ、これで企業からベストの提案が出るのだろうか?

企業にとっては利益だけが重要・・・とまでは言わないが、根本的な教育理念とかまで考慮するのだろうか?

鹿児島や奈良は企業との付き合いも長いだろうから、その辺の所は確証があってやっているんだろうか。


あと、その他の県も載っているけど、4.5万円で箱だけ買うだけなので参考にするほどではないかな。


タブレットを箱で買うだけなら単純だが、問題は導入コストの見極めだ。

intuneなりChrome Education UpgradeなりASMなり、具体的な導入にかかる人件費を見極めないと、妥当なコスト算定ができない。

そういう意味で、やっぱりテスト的に1学年だけでも先行して入札したいなー


また導入コストもだけど、運用コストも大事。

これまでみたいな、契約したらあとは全部業者任せみたいなのだと高コストになる。上流から下流まで、全ての作業を自分の目で見て理解して実感してからでないと、確証を持って言えないな。


・・・・色々なことが一気に動いていく。全国の教育委員会職員がついていけているのだろうか。

 個人的には文科省を全く信用していないので、自治体独自の推進団体などを作っていかないと行けない気がする。











閲覧数:345回

最新記事

すべて表示

■地図データのG空間情報センターを介した一般公開について 令和5年1月23日(月)正午(午前12時)より、全国の登記所備付地図の電子データ(※1)を、G空間情報センター(※2)を通じて無償で一般公開することとなりましたので、お知らせします。 G空間情報センターのホームページはこちら これまで、法務局が有する地図データは、地図証明書・図面証明書として法務局で写しの交付を受ける方法や、インターネットで

流石に息切れしてくるねー ■企業サービス 株式会社TKC(本社:栃木県宇都宮市/代表取締役社長:飯塚真規)は、当社が提供する「TASKクラウド スマート申請システム」について機能強化し、今冬以降、順次提供を開始いたします。 ■自治体情報 〇PwCコンサルティング、高松市「デジタル田園都市国家構想」事業にGeoloniaと参画 〇京都市介護保険システムに係る情報提供依頼(RFI) 〇横浜市における障

■自治体調達関係 2022/11/11:新潟市 新潟市インターネット仮想環境構築業務の事業者選定にかかる一般競争入札参加者の公募について 仮想ブラウザ型の調達だ。特に新しい知見なし。 2022/11/8:日経クロステック 広島県らIoT活用「スマートごみ箱」設置、ポイ捨て削減とごみ回収効率化を検証 圧縮するタイミングを掴むことが目的のシステム?よくわからん。 SmaGOの特徴は、ごみの蓄積情報をク

bottom of page