各省概算要求と標準仕様書

更新日:9月2日

■デジタル庁

直接自治体に影響があるようなネタはない感じ?


■総務省


■経産省


■文科省


※以下、標準仕様書

〇デジタル庁

https://www.digital.go.jp/policies/local_governments/


非機能要件の標準地方公共団体情報システム非機能要件の標準【第1.1版】(概要)(令和4年8月)(PDF/1,428KB)



〇総務省

 ・ 住民記録システム標準仕様書【第3.0版】(改正概要)

 ・ 住民記録システム標準仕様書【第3.0版】(本体)

 ・ 印鑑登録システム標準仕様書【第2.0版】(改正概要)

 ・ 印鑑登録システム標準仕様書【第2.0版】(本体)

 ・ 戸籍附票システム標準仕様書【第1.0版】(概要)

 ・ 戸籍附票システム標準仕様書【第1.0版】(本体)


〇厚生労働省

  • 標準仕様書[PDF形式:1,283KB]

  • (別紙1)業務フロー[PDF形式:1,867KB]

  • (別紙2)機能・帳票要件[PDF形式:774KB]

  • (別紙3)帳票一覧[PDF形式:498KB]

  • (別紙4)帳票詳細要件[PDF形式:4,232KB]

  • (別紙5)帳票レイアウト[PDF形式:2,817KB]














閲覧数:4回

最新記事

すべて表示

■AWS関係 こんなことまでするようになったんだ。 〇つくば市とAWS、研究開発型スタートアップの成長加速に向け連携 〇浜松市と AWS、デジタル・スマートシティ浜松の実現に向け連携 ■フォーラム デジタル市役所に向けDX推進、人材育成とガバクラ対応に悩み 後でゆっくり読むこと。 ■自治体RFI 今回はあんま参考になるのがない。 〇前橋市予算執行業務のDX推進(物品発注、電子請求書発行・管理、会計

東京と比較しても仕方ないけど、やはり大規模都市の方が色々楽しいだろうな~ ・これまでの延長線上にはない、東京全体のDXを推進するための新たな展開を発表。 ・場所は、「スマート東京」先行実施エリアのDXやイノベーション企業が集結する「Shin Tokyo 4TH」。 ・都庁内外の力を結集してイノベーティブなサービスを生み出し、高度なデジタル人材を採用、また、都内区市町村も含めたDXを推進し、そして、

今週は小規模自治体の参考になりそうなネタはなし。 ■デジタル庁が公金受取口座登録の情報を行政機関に10月から提供、給付事務を簡素化 デジタル庁は2022年10月11日から給付金などの給付事務を行う行政機関に対し、公金受取口座登録された口座情報を提供開始する。河野太郎デジタル相が2022年9月9日の記者会見で明らかにした。 公金受取口座登録制度とは、銀行などの預貯金口座情報をあらかじめ自身のマイナポ