夏のDigi田甲子園の内閣府・都道府県公開サイト

6/15 内閣府のサイトでまとめて公開された


6/13時点・・・ネット公開している都道府県情報まとめ

選考段階から丁寧に公開しているところはまだ。内部だけでやったところは、そりゃ公開は早いか。

実装部門はともかく、アイデア部門でも「おおっ、凄い!」というのはそうは有るはずも無いか。


■選定結果を公開

大分

大分市「大分都市広域圏内での、公共施設の相互利用の促進」

臼杵市「うすき石仏ねっと」

玖珠町 玖珠町ジュニアICTリーダー事業(JIL)

[アイデア] 杵築市 ドローンを活用した物流と新たな観光資源の開発

宮城

・仙台市 「宮城地区西部の課題解決に向けたデジタル技術の活用」

・石巻市 「コミュニティを核とした持続可能な地域社会の構築」

・丸森町 「電子母子手帳アプリとオンライン医療相談の連携活用による子育て世代への支援」

・〈アイデア部門〉仙台市 「BOSAI-TECHイノベーション創出促進事業」


福島

・郡山市 デジタル技術をフル活用した迅速な要介護認定事務

・会津若松市 住民基本台帳と地理情報システムの連携による住民の位置情報の見える化と防災分野等の市施策への活用

・西会津町 デジタル教室等によるデジタルデバイド対策

・アイデア部門 いわき市 スマートモビリティ×データドリブンを核としたスマートシティ推進事業

高知

・高知市「電子地域ポイントシステムを活用した鏡川清流保全」

  ・四万十市「自動運転技術を活用したサステナブルな公共交通のあり方検討」

  ・日高村「日本で初めてスマホ普及率100%を目指す「村まるごとデジタル化」

・≪アイデア≫黒潮町「ドローンを活用した安心・安全・いきいきと暮らせるまちづくりプロジェクト」


鳥取

・鳥取市 ライブカメラやGPSを活用した道路状況の見える化

・米子市 スマート窓口システムの構築

・智頭町 智頭Miraizeプロジェクト

 コネクテッドカーに、ドコモ5G通信対応の閉域網及びインターネット網と接続可能なモバイルWI-FIルータを搭載し、智頭町中心部から距離のある周辺集落で、介護予防システムの活用、防災拠点ネットワークの構築、e-スポーツの提供を実現することで、住民の福祉増進、安全安心な防災対策事業に取り組んでいる。また、町内ベンチャー企業と連携し、イベント動画配信や観光資源の発信にも活用し、観光PRを行っている。

・[アイデア] 八頭町 【八頭町×Google×隼Lab.】ノーコードから始める!八頭町まるごとDX推進


島根

資料としてはPDFが1枚あるだけで詳細不明。

・松江市 「高齢者による高齢者のためのスマホ教室」

・出雲市 「LINE を利用した情報共有プロジェクト」

・奥出雲町 「ドローンなど新技術を活用しながら持続可能な農業経営を目指す」

・≪アイデア≫出雲市 「高齢者仲間に ZOOM の利用方法を教え、サポートできる高齢者人材を育成」

岐阜

これもPDFがちょろっとだけ。

○岐阜市「学校と保護者間の連絡を、アプリを活用する」

○飛騨市「電子地域通貨「さるぼぼコイン」を活用した、行政サービスの向上及び地元企業の支援」

○関ケ原町「デジタルコンテンツを活用した関ケ原古戦場の観光魅力創出」

〇≪アイデア≫中津川市「超高速交通網との接続に向けた自動運転ネットワークの導入と地域拠点 整備による新たな人の流れ創出事業」

(概要) 東京大学との共同研究により、付知町地区に自動運転技術・予約アプリを導入し、古民家を活用した新たな交通・交流拠点を創出する

富山

落選した提案もきっちり載せている。

・富山市 地域まるごとIoT化(富山市センサーネットワーク)

・魚津市 LINE公式アカウントを市のもう一つの窓口

・朝日町 マイカーを活用した共助型公共交通ノッカルあさひまち

・≪アイデア≫氷見市 IT人材養成所

愛知 

・名古屋市 AIを活用した地域防犯パトロール活動の活性化

・西尾市 LINE連携によるオンライン申請

・東浦町 もりもり筋活&こつこつ骨活「骨折予防プロジェクト!」

・≪アイデア≫豊田市・救急活動のDXで市民サービスを向上

兵庫

・加古川市「ICTを活用した安全・安心に係るスマートシティの取組」

・西脇市「ICTを活用した飛び地自治体連携による健幸ポイントプログラム」

・町村枠  応募なし

・≪アイデア≫姫路市「優しいオンライン相談・手続窓口「遠隔行政窓口」」


■結果まだ

熊本

佐賀

==================

6/9追記

 佐賀県のニュース。


6/3追記

 現時点で、ググる限り3県しか公開情報が無い。うち、提案内容を公開しているのは2県だけ。

 その他の都道府県は、こんなイベントをやっていることすら周知していない。HPにちょろっと載せることすらしていない。現時点でなければ、もうしないだろう。

 うーん、このイベントはダダ滑りの予感・・・。やはり期間があまりに短すぎたか。それとも自治体にそこまでのやる気がなかったか。あれだけぶち上げたのに、どう着地させるのか・・・

======================================

内閣府サイトにはまだ大した情報は無い。



鳥取県のサイト公開が第1号のようだ。発見次第追加していく。

鳥取県

●佐賀 https://saga-smart.jp/event/2022/20220527.html…

●熊本 https://pref.kumamoto.jp/soshiki/26/136942.html…

●愛知 https://www.pref.aichi.jp/press-release/2022summer-digiden-koshien.html

兵庫


閲覧数:121回

最新記事

すべて表示

CNETの記事。 スキルアップのためのサイトのようだ。 日本リスキリングコンソーシアムのサイト。 日本リスキリングコンソーシアムでは、条件にあったトレーニングプログラムの検索・申し込み・受講記録をはじめ、希望者には就職支援サイトへのエントリーや就職活動状況の記録が行えます。登録情報や受講履歴に基づいたあなたにおすすめのトレーニングプログラムや就職支援サイトが表示され、スキルアップの計画や就職活動に

解説リンクをまとめる。 〇NRI こっちも ゼロトラスト実装の課題とメリット ゼロトラストがカバーする領域は幅広く、いざ実装しようとしても、どこから着手してよいのか悩んでいる企業が多いのが実態です。また、ゼロトラストは「誰が・どのデバイスが、どのデータリソースに対してアクセスしうるかを常に認証・認可すること」「リアルタイムでモニタリングすること」「これに応じてアクセス制御を動的に行うこと」が求めら

一般社団法人情報サービス産業協会(JISA)のサイトより。 提言書の内容をコピペしようと思ったら、画像じゃないか。不親切だな。 【本文および補足資料】 ○提言書「デジタル社会への円滑な移行」に向けた提言 ○提言書 補足資料 【論旨】 市町村の94%が人口20万人未満だと、情報担当は6人以下だ。ベンダの協力なしにはDXは進まない。 更に、人口5万人未満では3.8人だ。(これは実感できる数字だ) ※根