情報教育セミナー2018



  公益財団法人学習ソフトウェア情報研究センター(学情研) の主催で、初めて参加してみた。

 参加定員が300人とのことだったが、700人以上収容可能なホールということもあってか、席はスカスカでなんとも寂しい感じ。300はいないな。進行もこなれていないようだった。

 企業が主催するこの手のセミナーは多数あるが、これはそんな感じでもなかった。企業の出店も少ない。というか、そもそも狭い通路で展示してもなー。

 でも教員がメインとなるセミナーはあんまりないみたいだし、もっと広がりが出ればいいと思う。ツイッターでも全然ヒットなし。


 以下雑感。

○出展企業1分間スピーチ

 説明資料のスクリーンへの投影もないままに説明されても・・・


○特別講演「プログラミング教育における論理的な思考とは何か」

 赤堀侃司((一社) 日本教育情報化振興会会長、東京工業大学名誉教授)

 ごくごく一般論。教育ICTに全く知見のない人が対象ならともかく、その道のプロを集めたセミナーではあまりインパクトがないのでは。


○学習デジタル教材コンクール表彰式

 各地域で頑張って成果を出している先生達の表彰だ。


○パネルセッション

1. 趣旨説明 新学習指導要領を具現化する授業づくりのポイント

  全体コーディネータ:中川一史(放送大学教授)

2. プログラミング教育の実践と推進

  (コーディネータ:小林祐紀)

3. カリキュラムマネージメントの実際と展望

  (コーディネータ:佐藤幸江)

 


○基調講演『教育の情報化』に対する文部科学省の施策

 梅村 研(文部科学省生涯学習政策局情報教育課長)

 資料に書いてある内容をそのまま読むだけ。不要では。


○ポスターセッション

 「ポスター」とあるが、実際は各先生がタブレットを持ち込んだり、プログラミングロボットを動かしたりと、幅広い内容だった。”ポスター”という名づけを変えればいいのに。

 また、時間も短く会場も狭い。これをメインにすればいいのに。国説明とか一般論的な講演なんかより、こっちの方が価値がある。これを4時間くらいやればいいのに。

 今サイトを見たら、「ポスターセッション「全国実践発表会」発表内容のご案内」というリンクがあるが、全部リンク切れしている・・・

閲覧数:7回

最新記事

すべて表示

■AWS関係 こんなことまでするようになったんだ。 〇つくば市とAWS、研究開発型スタートアップの成長加速に向け連携 〇浜松市と AWS、デジタル・スマートシティ浜松の実現に向け連携 ■フォーラム デジタル市役所に向けDX推進、人材育成とガバクラ対応に悩み 後でゆっくり読むこと。 ■自治体RFI 今回はあんま参考になるのがない。 〇前橋市予算執行業務のDX推進(物品発注、電子請求書発行・管理、会計

東京と比較しても仕方ないけど、やはり大規模都市の方が色々楽しいだろうな~ ・これまでの延長線上にはない、東京全体のDXを推進するための新たな展開を発表。 ・場所は、「スマート東京」先行実施エリアのDXやイノベーション企業が集結する「Shin Tokyo 4TH」。 ・都庁内外の力を結集してイノベーティブなサービスを生み出し、高度なデジタル人材を採用、また、都内区市町村も含めたDXを推進し、そして、

今週は小規模自治体の参考になりそうなネタはなし。 ■デジタル庁が公金受取口座登録の情報を行政機関に10月から提供、給付事務を簡素化 デジタル庁は2022年10月11日から給付金などの給付事務を行う行政機関に対し、公金受取口座登録された口座情報を提供開始する。河野太郎デジタル相が2022年9月9日の記者会見で明らかにした。 公金受取口座登録制度とは、銀行などの預貯金口座情報をあらかじめ自身のマイナポ