情報教育セミナー2018



  公益財団法人学習ソフトウェア情報研究センター(学情研) の主催で、初めて参加してみた。

 参加定員が300人とのことだったが、700人以上収容可能なホールということもあってか、席はスカスカでなんとも寂しい感じ。300はいないな。進行もこなれていないようだった。

 企業が主催するこの手のセミナーは多数あるが、これはそんな感じでもなかった。企業の出店も少ない。というか、そもそも狭い通路で展示してもなー。

 でも教員がメインとなるセミナーはあんまりないみたいだし、もっと広がりが出ればいいと思う。ツイッターでも全然ヒットなし。


 以下雑感。

○出展企業1分間スピーチ

 説明資料のスクリーンへの投影もないままに説明されても・・・


○特別講演「プログラミング教育における論理的な思考とは何か」

 赤堀侃司((一社) 日本教育情報化振興会会長、東京工業大学名誉教授)

 ごくごく一般論。教育ICTに全く知見のない人が対象ならともかく、その道のプロを集めたセミナーではあまりインパクトがないのでは。


○学習デジタル教材コンクール表彰式

 各地域で頑張って成果を出している先生達の表彰だ。


○パネルセッション

1. 趣旨説明 新学習指導要領を具現化する授業づくりのポイント

  全体コーディネータ:中川一史(放送大学教授)

2. プログラミング教育の実践と推進

  (コーディネータ:小林祐紀)

3. カリキュラムマネージメントの実際と展望

  (コーディネータ:佐藤幸江)

 


○基調講演『教育の情報化』に対する文部科学省の施策

 梅村 研(文部科学省生涯学習政策局情報教育課長)

 資料に書いてある内容をそのまま読むだけ。不要では。


○ポスターセッション

 「ポスター」とあるが、実際は各先生がタブレットを持ち込んだり、プログラミングロボットを動かしたりと、幅広い内容だった。”ポスター”という名づけを変えればいいのに。

 また、時間も短く会場も狭い。これをメインにすればいいのに。国説明とか一般論的な講演なんかより、こっちの方が価値がある。これを4時間くらいやればいいのに。

 今サイトを見たら、「ポスターセッション「全国実践発表会」発表内容のご案内」というリンクがあるが、全部リンク切れしている・・・

7回の閲覧

最新記事

すべて表示

文科省の補正情報

岸田政権の補正事業。 教育ICT関係も多少ある。 https://www.mext.go.jp/a_menu/yosan/r01/1420672_00002.htm 総額では大きいけど、ICT関係はそんなでもないな。 GIGA関係は201億円。そんなでもないな。 ① GIGAスクール運営支援センター 52億円 よくわからないのが、「全国一斉の学校ネットワークの点検・応急対応」も入っているところ。運

もう12月だ!

予算要求に向けて5月から色々準備してきたが、いざ資料調整してみると、色々と問題が出てくるな~。まあ、仕方ない。 下書きのまま、数か月たってしまった。 中々モチベーションを維持するのも大変だ。 ■文科省は「情報教育・外国語教育課」を廃止し、これまで担ってきた業務を局内の各課で担当する 責任が各課に薄まって、何も進まなくなる王道パターンの予感・・・・ ■WEBプロキシとは? 仕組みや機能・メリットにつ

memo整理

■Google Meetで文字起こしやチャット保存を実現する無償のChrome拡張 こえもじは、音声認識技術を活用したGoogle Meet用のChrome向け拡張機能。会話の音声を文字起こしして、字幕として画面上やチャット欄に表示する「字幕送信機能」(日本語のみ対応)、チャットに記入した内容を画面上に流して表示する「流れるチャット機能」、チャットの履歴を保存できる「チャット履歴ダウンロード機能」