教育情報化コーディネータ1級認定者


資格のページに書いているけど、殆どいない教育情報化コーディネータ1級認定者に、新たに2名追加されている。

参考サイトのページに書いているハイパーブレインNEL&Mの人。


合格条件は以下のとおり

【基準となる能力】

教育情報化コーディネータに規定する役割に関する豊富な経験をもち、初等中等教育あるいは高等教育の情報化に関する長期的な計画を設計・助言できること。

知識だけでなく、実際に運用上の問題を解決でき、若い教育情報化コーディネータの指導者としての力量をもつ指導者レベルであること。


【応募の資格】

ITCE2級を取得後、3年以上実務(*1)を経験している者、あるいはそれに準ずる者(*2)

「実務」とは、教育情報システムの設計、教育現場への教育情報システムの導入に関する企画・助言、情報教育の実践に関するカリキュラム開発、技術支援・サポートなど(いずれか、あるいはその組み合わせ)の業務をさす。

「準ずる者」とは、2級は取得していないが、試験実施委員会などに所属し、これまで試験問題を作成したり面接担当をしたりして、実質的にITCEの育成・指導に携わってきているものをいう。

 

【検定料】

検定料 30,000円(※受験料20,000円+認定料10,000円)


23回の閲覧

最新記事

すべて表示

7月23日までまとめ

■群馬県教育委員会「先進プログラミング教育集中セミナー」でMonaca Educationを提供 最近群馬県関連のニュースをよく見る気がする。これ知事が変わったから?? 以下サイトにまとまっているようだ。 群馬県ICT活用教育サポートサイト 主要サイトの障害情報へのリンクをトップに置いているのはなるほどなので、マネすることにする。 Google 障害情報 Microsoft365 障害情報 Zoo

Google Workspace管理関係

一先ず、本サイトのページににまとめていく。 本当は、全国の教育委員会で緩く繋がれるような組織ができればいいけど、何とか上手く回せないものか。

情報整理

■前の文科省のICT担当課長の記事 今は理化学研究所の部長 兼 内閣官房デジタル改革関連法案準備室だとか。 何かぶっちゃけみたいな内容があるかと期待したが、毒にも薬にもならない内容だった。 ■EdTech事業者の成果報告一覧 R1だったか、R2だったか記憶があいまいだが、成果検証が乗っている。 まだ全部は見てないが、単なる企業のパンフレットに先生や児童のアンケートを申し訳程度に載せたのが殆どじゃな