教育情報化コーディネータ1級認定者


資格のページに書いているけど、殆どいない教育情報化コーディネータ1級認定者に、新たに2名追加されている。

参考サイトのページに書いているハイパーブレインNEL&Mの人。


合格条件は以下のとおり

【基準となる能力】

教育情報化コーディネータに規定する役割に関する豊富な経験をもち、初等中等教育あるいは高等教育の情報化に関する長期的な計画を設計・助言できること。

知識だけでなく、実際に運用上の問題を解決でき、若い教育情報化コーディネータの指導者としての力量をもつ指導者レベルであること。


【応募の資格】

ITCE2級を取得後、3年以上実務(*1)を経験している者、あるいはそれに準ずる者(*2)

「実務」とは、教育情報システムの設計、教育現場への教育情報システムの導入に関する企画・助言、情報教育の実践に関するカリキュラム開発、技術支援・サポートなど(いずれか、あるいはその組み合わせ)の業務をさす。

「準ずる者」とは、2級は取得していないが、試験実施委員会などに所属し、これまで試験問題を作成したり面接担当をしたりして、実質的にITCEの育成・指導に携わってきているものをいう。

 

【検定料】

検定料 30,000円(※受験料20,000円+認定料10,000円)


0回の閲覧