〈12/26追記〉文科省の補正情報

更新日:2021年12月26日

文科から資料がくるけど、何かもうメタメタな内容と対応だなー

===============================

岸田政権の補正事業。

教育ICT関係も多少ある。

https://www.mext.go.jp/a_menu/yosan/r01/1420672_00002.htm


総額では大きいけど、ICT関係はそんなでもないな。

GIGA関係は201億円。そんなでもないな。


① GIGAスクール運営支援センター 52億円

よくわからないのが、「全国一斉の学校ネットワークの点検・応急対応」も入っているところ。運営サポート会社とネットワーク系の企業は全然守備範囲が違うだろうに。

更に、イメージ図では都道府県が市町村まとめて運営するような感じだけど、今から共同調達とかできるわけないし、枠組みが理解できない。またR6まで事業が続く前提??

都道府県だけが申請可能なんだろうか?仮にそうなら、52億円を47都道府県で割り算すれば、ざっと1億円。実際は人口の差も大きいから、地方だと多くても2~3千万程度?これで市町村を含めた対応なんて、できるわけないぞ。

それとも、R3執行分が52億円で、R4からはもっと多く予算が付く前提だろうか?

詳しく聞かないと、こりゃわからん。オンライン説明やるなら、早くしてくれー


②先生用タブレット 84億円

不足分を一気に前倒し。これだけあれば、相当数が整備できるだろう。


③ デジタル教科書 65億円

これもわからんなー。教科書会社と委託契約しろということ???

いや、契約は文科省で、自治体はタダなのか???



②以外はイマイチわからん。

41回の閲覧

最新記事

すべて表示

予算は通ったけど、発注準備で思いのほか時間と手間を取られる。 仕様をごろっと変えるときはいつも大変だ!前任者のコピペでよければ秒で終わるが、それじゃしょうもないしね。 ■文科省関係 ★各種の会議体 〇GIGAスクール構想に基づく1人1台端末の円滑な利活用に関する調査協力者会議(第4回)の開催について http://mailmaga.mext.go.jp/c/agbSabqXwSmO1KbX 〇GI

予算要求に向けて5月から色々準備してきたが、いざ資料調整してみると、色々と問題が出てくるな~。まあ、仕方ない。 下書きのまま、数か月たってしまった。 中々モチベーションを維持するのも大変だ。 ■文科省は「情報教育・外国語教育課」を廃止し、これまで担ってきた業務を局内の各課で担当する 責任が各課に薄まって、何も進まなくなる王道パターンの予感・・・・ ■WEBプロキシとは? 仕組みや機能・メリットにつ

■Google Meetで文字起こしやチャット保存を実現する無償のChrome拡張 こえもじは、音声認識技術を活用したGoogle Meet用のChrome向け拡張機能。会話の音声を文字起こしして、字幕として画面上やチャット欄に表示する「字幕送信機能」(日本語のみ対応)、チャットに記入した内容を画面上に流して表示する「流れるチャット機能」、チャットの履歴を保存できる「チャット履歴ダウンロード機能」