〈12/26追記〉文科省の補正情報

更新日:2021年12月26日

文科から資料がくるけど、何かもうメタメタな内容と対応だなー

===============================

岸田政権の補正事業。

教育ICT関係も多少ある。

https://www.mext.go.jp/a_menu/yosan/r01/1420672_00002.htm


総額では大きいけど、ICT関係はそんなでもないな。

GIGA関係は201億円。そんなでもないな。


① GIGAスクール運営支援センター 52億円

よくわからないのが、「全国一斉の学校ネットワークの点検・応急対応」も入っているところ。運営サポート会社とネットワーク系の企業は全然守備範囲が違うだろうに。

更に、イメージ図では都道府県が市町村まとめて運営するような感じだけど、今から共同調達とかできるわけないし、枠組みが理解できない。またR6まで事業が続く前提??

都道府県だけが申請可能なんだろうか?仮にそうなら、52億円を47都道府県で割り算すれば、ざっと1億円。実際は人口の差も大きいから、地方だと多くても2~3千万程度?これで市町村を含めた対応なんて、できるわけないぞ。

それとも、R3執行分が52億円で、R4からはもっと多く予算が付く前提だろうか?

詳しく聞かないと、こりゃわからん。オンライン説明やるなら、早くしてくれー


②先生用タブレット 84億円

不足分を一気に前倒し。これだけあれば、相当数が整備できるだろう。


③ デジタル教科書 65億円

これもわからんなー。教科書会社と委託契約しろということ???

いや、契約は文科省で、自治体はタダなのか???



②以外はイマイチわからん。

閲覧数:49回

最新記事

すべて表示

CNETの記事。 スキルアップのためのサイトのようだ。 日本リスキリングコンソーシアムのサイト。 日本リスキリングコンソーシアムでは、条件にあったトレーニングプログラムの検索・申し込み・受講記録をはじめ、希望者には就職支援サイトへのエントリーや就職活動状況の記録が行えます。登録情報や受講履歴に基づいたあなたにおすすめのトレーニングプログラムや就職支援サイトが表示され、スキルアップの計画や就職活動に

解説リンクをまとめる。 〇NRI こっちも ゼロトラスト実装の課題とメリット ゼロトラストがカバーする領域は幅広く、いざ実装しようとしても、どこから着手してよいのか悩んでいる企業が多いのが実態です。また、ゼロトラストは「誰が・どのデバイスが、どのデータリソースに対してアクセスしうるかを常に認証・認可すること」「リアルタイムでモニタリングすること」「これに応じてアクセス制御を動的に行うこと」が求めら

一般社団法人情報サービス産業協会(JISA)のサイトより。 提言書の内容をコピペしようと思ったら、画像じゃないか。不親切だな。 【本文および補足資料】 ○提言書「デジタル社会への円滑な移行」に向けた提言 ○提言書 補足資料 【論旨】 市町村の94%が人口20万人未満だと、情報担当は6人以下だ。ベンダの協力なしにはDXは進まない。 更に、人口5万人未満では3.8人だ。(これは実感できる数字だ) ※根