top of page

〈12/26追記〉文科省の補正情報

更新日:2021年12月26日

文科から資料がくるけど、何かもうメタメタな内容と対応だなー

===============================

岸田政権の補正事業。

教育ICT関係も多少ある。


総額では大きいけど、ICT関係はそんなでもないな。

GIGA関係は201億円。そんなでもないな。


① GIGAスクール運営支援センター 52億円

よくわからないのが、「全国一斉の学校ネットワークの点検・応急対応」も入っているところ。運営サポート会社とネットワーク系の企業は全然守備範囲が違うだろうに。

更に、イメージ図では都道府県が市町村まとめて運営するような感じだけど、今から共同調達とかできるわけないし、枠組みが理解できない。またR6まで事業が続く前提??

都道府県だけが申請可能なんだろうか?仮にそうなら、52億円を47都道府県で割り算すれば、ざっと1億円。実際は人口の差も大きいから、地方だと多くても2~3千万程度?これで市町村を含めた対応なんて、できるわけないぞ。

それとも、R3執行分が52億円で、R4からはもっと多く予算が付く前提だろうか?

詳しく聞かないと、こりゃわからん。オンライン説明やるなら、早くしてくれー


②先生用タブレット 84億円

不足分を一気に前倒し。これだけあれば、相当数が整備できるだろう。


③ デジタル教科書 65億円

これもわからんなー。教科書会社と委託契約しろということ???

いや、契約は文科省で、自治体はタダなのか???



②以外はイマイチわからん。

閲覧数:51回

最新記事

すべて表示

生成AI関係

■ChatGPTの新機能Code Interpreter ・ノートの説明 AI技術を駆使してプログラムコードを解釈する便利さから、世界中の開発者や技術者に注目されていますとあるから、素人にはあんまり関係ないかも。 「Code Interpreter」でできること【活用事例7選】 ・コードの理解と生成:Code Interpreterはプログラムコードを理解し、新たなコードを生成することができます。

デジ田共通基盤IDまとめ

参照先はこれ。 (令和4年度第2次補正予算)デジタル田園都市国家構想交付金(デジタル実装タイプTYPE2/3/マイナンバーカード横展開事例創出型)活用事例について デジタル田園都市国家構想交付金デジタル実装タイプ(TYPE2/3)の活用事例(2023年4月17日掲載)・・・234ページで30自治体くらいかな。 デジタル田園都市国家構想交付金デジタル実装タイプマイナンバーカード利用横展開事例創出型の

電子行政ニュース(4月15日~4月21日)

〇おおいた公共施設案内・予約システムの構築・運用に係る情報提供依頼(RFI)について 〇奥州市公共施設予約管理システム調達について公募型プロポーザル方式により募集します 施設予約システムごとき、packageでいいようにも思うけど、大規模自治体だと違うのかねー、と思ったが、前者は共同調達か。 後者も予算規模が5千万円を超えている。 〇常総市空き家活用基盤構築業務に関する公募型プロポーザルの実施につ

Kommentare


bottom of page