top of page

月曜日の文科省YouTube説明会

 月曜日の文科省課長の説明内容が、フォローしてるTwitterの教育ICT系の人には評判が良いようだ。  学校現場目線と、本庁で文科省とやり取りしている立場の目線では、かなり違う感じ。  月曜日の話は、まるで「文科省は教育ICTをずっと推進してきたのに、自治体が怠けていて進まない」といった感じだったが、全然推進してきてないでしょう。

 これまでのGIGAスクールの文科省のグダグダを直接知らない立場だと、文科省はよくやっているように見えるのかね~


 文字起こししている人がいたので、概要はこっちからわかる。

 https://note.com/mmeducation/n/n9ab23ea5a385


 文科省もポーズとして言っている部分もあるんだろうが、全く自省ないまま言われると違和感が強い。


 何言ってんだと一番思うのが、こういったICT関係の補助金なんてこれまで作ってこなかっただろ、という点。補助金を作ってたのに自治体が全く乗ってこなかった、というなら話は分かる。(有線LAN工事だけは、施設整備補助金の1要素としてH30まではあったけど)

 GIGAスクールの補助金だって、自治体からあれだけ「基礎的な積算がおかしい」「スケジュールが無理だ」「補助要件の使い勝手が悪すぎる」と散々なのに、全く内容変えないし。そのくせ面倒な書類事務だけはてんこ盛り。

 逆に、経産省はEdTech補助金をあっという間に作ってしまった。文科省はICTを言い出した頃から10年かけてもこういったソフト対応は全くできなかったのに。


 もう1つ、セキュリティポリシー関係。

 更には、既存のルールにとらわれず臨機応変に、ということ。これはですね、一番わかりやすいエピソードが、セキュリティーポリシーガイドラインなんですが…いつの間にかセキュリティーを守ることが目的化してしまって、どんどんセキュリティーが強まっていった。  当然ながらセキュリティー強めれば強めるほどセキュリティーは守れるんですけれども、本来の目的であったICTを使うということが全然使えなくなっている。動画が見れなくなる。いろんなものが活用できなくなる。 これ、最終目的じゃないはずです。  ルールを守るということは、最終目的ではありません。 特に今回のような時、いや先生がUSB持ち帰るにしても、いや、先生がパソコンを使うにしても本来こういうルールがあったら、本来こういう使い方、本来こういう承認が必要だな。  今危機的な状況ですから、臨機応変な対応が求められます。それが危機管理です。それをしっかりと対応していただくと。  それをぜひ教育委員会の方々、もしくは学校の管理者の方々、管理職の皆様方。ぜひ頭を180度変えて頂きたい。なんでも取り組んでみてください。


 いや、言っている趣旨は理解できる。わかるけど、所詮は現場の実務や責任を負わない立場で気楽に言っているなー、という感じ。

 そりゃセキュリティ要件を撤廃して、「職場PC持ち帰っていいですよ~。USBメモリ自由に使っていいですよ~。フィルタリングやFWの設定を全解除するので、自由に好きなソフトウェア使っていいですよ~」としていいなら、そりゃこっちだって楽だよ。

 でもそれでインシデント発生しても、責任取るのは自治体でしょ?「非常時だからこそ、実施できるギリギリのラインの見極め」こそが自治体の責任でしょう。文科省として言いたいなら、「セキュリティインシデント発生しても、非常時だから気にせずやりましょう。全責任は文科省が負います。」くらい言うなら認めるが。


 あと、「自治体が国ガイドラインを守りすぎている」というのも、こいつ何言ってんだというところ。守らなくていいなら、最初からガイドラインなんて提示するなよ。ガイドライン作成時は、文科省としてベストだと考えたからこそ自治体に提示したんだろ。

 それを今になって、「あれは守る必要がないものだ」とか、いい加減すぎる。


 全般的な自治体サポートとしても、総務省くらいやっているなら理解できるが、なんもやてないでしょ。

 今後、文科省が「教育ICTの遅れの責任は全て自治体にある」というスタンスを強めてきそうなので、要注意である。


閲覧数:187回

最新記事

すべて表示

■地図データのG空間情報センターを介した一般公開について 令和5年1月23日(月)正午(午前12時)より、全国の登記所備付地図の電子データ(※1)を、G空間情報センター(※2)を通じて無償で一般公開することとなりましたので、お知らせします。 G空間情報センターのホームページはこちら これまで、法務局が有する地図データは、地図証明書・図面証明書として法務局で写しの交付を受ける方法や、インターネットで

流石に息切れしてくるねー ■企業サービス 株式会社TKC(本社:栃木県宇都宮市/代表取締役社長:飯塚真規)は、当社が提供する「TASKクラウド スマート申請システム」について機能強化し、今冬以降、順次提供を開始いたします。 ■自治体情報 〇PwCコンサルティング、高松市「デジタル田園都市国家構想」事業にGeoloniaと参画 〇京都市介護保険システムに係る情報提供依頼(RFI) 〇横浜市における障

■自治体調達関係 2022/11/11:新潟市 新潟市インターネット仮想環境構築業務の事業者選定にかかる一般競争入札参加者の公募について 仮想ブラウザ型の調達だ。特に新しい知見なし。 2022/11/8:日経クロステック 広島県らIoT活用「スマートごみ箱」設置、ポイ捨て削減とごみ回収効率化を検証 圧縮するタイミングを掴むことが目的のシステム?よくわからん。 SmaGOの特徴は、ごみの蓄積情報をク

bottom of page