柴山プランその2

更新日:2018年11月26日

官庁速報より抜粋。


新大臣は、教育ICTを強力に推進する方向のようだ。


「改革と名の付くものが好き」と周囲に語る柴山氏肝煎りの取り組み。

初中局幹部は「大臣に就任して第1号の政策プランとして柴山氏の心に刻まれ続けるのでは?」と期待。

前文科相が道筋を付けた「Society5.0」の流れを組みつつ、従来は高校でしか認められていなかった遠隔教育の一手法を中学校で解禁するなど、柴山氏の改革精神を織り込む。

「当初は仮称のつもりだったが、まさか最後まで柴山プランの名が残るとは思ってもみなかった」と改めて柴山氏の思いを感じ取った様子。


閲覧数:16回

最新記事

すべて表示

■国関係 〇大臣会見2本 https://www.digital.go.jp/news/minister-220930-01/ https://www.digital.go.jp/news/minister-220926-01/ 〇会議 /地方公共団体の基幹業務等システムの統一・標準化に関する関係府省会議(第2回)(令和4年9月30日開催) デジタル田園都市における地域幸福度指標(Well-Bei

■AWS関係 こんなことまでするようになったんだ。 〇つくば市とAWS、研究開発型スタートアップの成長加速に向け連携 〇浜松市と AWS、デジタル・スマートシティ浜松の実現に向け連携 ■フォーラム デジタル市役所に向けDX推進、人材育成とガバクラ対応に悩み 後でゆっくり読むこと。 ■自治体RFI 今回はあんま参考になるのがない。 〇前橋市予算執行業務のDX推進(物品発注、電子請求書発行・管理、会計

東京と比較しても仕方ないけど、やはり大規模都市の方が色々楽しいだろうな~ ・これまでの延長線上にはない、東京全体のDXを推進するための新たな展開を発表。 ・場所は、「スマート東京」先行実施エリアのDXやイノベーション企業が集結する「Shin Tokyo 4TH」。 ・都庁内外の力を結集してイノベーティブなサービスを生み出し、高度なデジタル人材を採用、また、都内区市町村も含めたDXを推進し、そして、