「経産省VS文科省」ではないだろうに




NHK解説委員室「経産省VS文科省 未来の教育論争」(ここに注目!)

2018年07月26日 (木)西川 龍一 解説委員


たまたま早起きしてNHKを見ていたらこんなのやっていた。


この解説委員は経産省の資料を全部きちんと読んだのだろうか?

リンク先のイメージ図では、文科省は「教育の現場」、経産省は「ビジネス」と書かれた竹刀でつばぜり合いをしているが、これじゃまるで経産省が金儲けのため、企業のために教育を利用してやろうと思っているように見えるぞ。


そりゃ経産省の中の人じゃない限り、経産省がどこまで何を考えているかはわからないけど、少なくとも「未来の教室」とEdTech研究会の「第1次提言」を読む限りでは、こんな理解にはならないはずだけど。


でも、1次ソースに当たらずにこの図だけを見た人は、「経産省は教育を金儲けに使うのか!!」と思うだろう。


マスコミは、全然知らない分野の情報を軽く得るにはいいけど、ある程度知っている分野だとやっぱり全然参考にならないなー

22回の閲覧

最新記事

すべて表示

情報整理

■前の文科省のICT担当課長の記事 今は理化学研究所の部長 兼 内閣官房デジタル改革関連法案準備室だとか。 何かぶっちゃけみたいな内容があるかと期待したが、毒にも薬にもならない内容だった。 ■EdTech事業者の成果報告一覧 R1だったか、R2だったか記憶があいまいだが、成果検証が乗っている。 まだ全部は見てないが、単なる企業のパンフレットに先生や児童のアンケートを申し訳程度に載せたのが殆どじゃな

個人情報保護法制

・毎日新聞 ・時事通信 ■概要 これまで、国と地方自治体、民間でバラバラになっている個人情報の保護ルールが一本化されることになる。 これは行政デジタル化推進の流れの中の動きで、行政機関・独法・民間を対象とする個人情報保護法制を一本化するもの。個人情報保護法改正案を2021年1月召集の通常国会に提出、成立を目指す。 これにより、全国的なルールが統一され、行政サービスの効率化や官民のデータ利活用促進と

4月上旬まとめ

■教育データの利活用に関する有識者会議 論点整理(中間まとめ) 後で読む。 しかしタブレットを漸く導入して、さてこれから使い方の研修を・・・といったところが殆どだろうに、こんな話をされても・・・といったところじゃないのか。 GIGA整備みたいに、とりあえず発注して企業と契約してしまえば何とかなったのとはだいぶ違う。職員に相当なレベルのスキルが必要になるのでは。あるいは、ベネッセみたいな大きなところ