「経産省VS文科省」ではないだろうに




NHK解説委員室「経産省VS文科省 未来の教育論争」(ここに注目!)

2018年07月26日 (木)西川 龍一 解説委員


たまたま早起きしてNHKを見ていたらこんなのやっていた。


この解説委員は経産省の資料を全部きちんと読んだのだろうか?

リンク先のイメージ図では、文科省は「教育の現場」、経産省は「ビジネス」と書かれた竹刀でつばぜり合いをしているが、これじゃまるで経産省が金儲けのため、企業のために教育を利用してやろうと思っているように見えるぞ。


そりゃ経産省の中の人じゃない限り、経産省がどこまで何を考えているかはわからないけど、少なくとも「未来の教室」とEdTech研究会の「第1次提言」を読む限りでは、こんな理解にはならないはずだけど。


でも、1次ソースに当たらずにこの図だけを見た人は、「経産省は教育を金儲けに使うのか!!」と思うだろう。


マスコミは、全然知らない分野の情報を軽く得るにはいいけど、ある程度知っている分野だとやっぱり全然参考にならないなー

閲覧数:27回

最新記事

すべて表示

■国関係 〇大臣会見2本 https://www.digital.go.jp/news/minister-220930-01/ https://www.digital.go.jp/news/minister-220926-01/ 〇会議 /地方公共団体の基幹業務等システムの統一・標準化に関する関係府省会議(第2回)(令和4年9月30日開催) デジタル田園都市における地域幸福度指標(Well-Bei

■AWS関係 こんなことまでするようになったんだ。 〇つくば市とAWS、研究開発型スタートアップの成長加速に向け連携 〇浜松市と AWS、デジタル・スマートシティ浜松の実現に向け連携 ■フォーラム デジタル市役所に向けDX推進、人材育成とガバクラ対応に悩み 後でゆっくり読むこと。 ■自治体RFI 今回はあんま参考になるのがない。 〇前橋市予算執行業務のDX推進(物品発注、電子請求書発行・管理、会計

東京と比較しても仕方ないけど、やはり大規模都市の方が色々楽しいだろうな~ ・これまでの延長線上にはない、東京全体のDXを推進するための新たな展開を発表。 ・場所は、「スマート東京」先行実施エリアのDXやイノベーション企業が集結する「Shin Tokyo 4TH」。 ・都庁内外の力を結集してイノベーティブなサービスを生み出し、高度なデジタル人材を採用、また、都内区市町村も含めたDXを推進し、そして、