「経産省VS文科省」ではないだろうに




NHK解説委員室「経産省VS文科省 未来の教育論争」(ここに注目!)

2018年07月26日 (木)西川 龍一 解説委員


たまたま早起きしてNHKを見ていたらこんなのやっていた。


この解説委員は経産省の資料を全部きちんと読んだのだろうか?

リンク先のイメージ図では、文科省は「教育の現場」、経産省は「ビジネス」と書かれた竹刀でつばぜり合いをしているが、これじゃまるで経産省が金儲けのため、企業のために教育を利用してやろうと思っているように見えるぞ。


そりゃ経産省の中の人じゃない限り、経産省がどこまで何を考えているかはわからないけど、少なくとも「未来の教室」とEdTech研究会の「第1次提言」を読む限りでは、こんな理解にはならないはずだけど。


でも、1次ソースに当たらずにこの図だけを見た人は、「経産省は教育を金儲けに使うのか!!」と思うだろう。


マスコミは、全然知らない分野の情報を軽く得るにはいいけど、ある程度知っている分野だとやっぱり全然参考にならないなー

18回の閲覧

最新記事

すべて表示

今年度も残り1ヶ月か

発注済みのGIGA関係事業の年度内完了に向けた作業と、新年度から動くための各種の準備で死ねる。他の自治体も本当に年度内に始末できるんだろうか?事故繰が全国で頻発しないのだろうか? 整備だけなら何とか済みそうだが、ソフトもハードも組織も、問題なく本番運用できるかどうか、非常に不安だ。 とにかく、やることにキリが無い。「できない、わからない」と言ってしまえば楽にはなるけど、そんなしょーもないスタンスで

12月12日まとめメモ

■Google系 ※後で整理する ・「スタディサプリ」の教員向けサービス、「G Suite for Education」との連携を強化 ・Google認定教育者のススメ ・Google 教育者認定資格 ・「Gmail」で「Mail」「Chat」「Meet」など集約--統合ワークスペースに 教員の使うメールも、もうGスイーツに統合してしまおうか? ・ ■apple系 ※後で整理する ・ブラウザの設定

マルウェアEmotet(エモテット)関連まとめ

■Emotetとは 情報の窃取に加え、更に他のウイルスへの感染のために悪用されるウイルスであり、悪意のある者によって、不正なメール(攻撃メール)に添付される等して、感染の拡大が試みられています。 Emotetへの感染を狙う攻撃メールの中には、正規のメールへの返信を装う手口が使われている場合があります。これは、攻撃対象者(攻撃メールの受信者)が過去にメールのやり取りをしたことのある、実在の相手の氏名