【記事】育現場のICT化、地域間格差が浮き彫りに 北海道の8割は「取り組みを行っていない」

WEZZYより。


 柴山プランでは、「遠隔教育の推進」「先端技術の導入による授業支援」「そのための環境整備」が示された。

 しかし対応できる自治体と、そうでないところが当然でてくる。

 文部科学省が実施した「教育委員会等における小学校プログラミング教育に関する取組状況等」では、都市部では進んでいるが、地方はダメ。

 理由は、情報不足・人材不足・予算不足という、ありがちすぎるもの。地域間格差を解消するはずのICT化が、逆に格差を加速する。

5回の閲覧