長崎県のAWSを使った統合型校務支援システム 

更新日:2021年8月16日

追記

■【文科省サイト】統合型校務支援システムの共同調達・共同利用ガイドブック

https://www.mext.go.jp/content/20200804-mxt_jogai02-100003179_002.pdf

→ファイルバカでかいの注意


■【文科省チャンネル】令和元年度統合型校務支援システム導入実証研究事業成果報告(令和2年3月6日)

https://www.youtube.com/watch?v=DkB0GCZxfAU

→チェックまだ


■AWSの自治体導入ページ

 このあたりか?


=================================

統合型校務支援システムの導入自体は今や珍しくもないが、AWSを使った完全パブリッククラウドでやっていたのか。知らなった。


教育家庭新聞の記事ー統合型校務支援システム 全県で共同調達・整備・運用<長崎県教育庁義務教育課・坂本隆典氏>

2020年3月のセミナーの記事ということは、2018年くらいからはパブリックでやることを構想していたんだろうか?システム自体はどこのものでも大差はないが、その時点でよく思い切ったもんだ。


と思ったら、更に1年前の記事がある。

統合型校務支援システム導入実証研究事業成果報告~事業きっかけに全市導入など積極的に推進

だが、詳細は良くわからないな。


もう1つ記事。エデュケーショントゥモローというサイト。

確実に広がる教育分野におけるクラウド活用 ~AWS「教育×クラウド」のビジョンに迫るPosted on 2020-11-25

 あまり詳しい情報は無い。


以下、AWSのサイト。

●AWSも協力し、教育分野でのパブリッククラウド導入拡大を謳う「政策提言ペーパー」が発表されました

●小・中・高等学校の教育情報システムをAWS上に構築してセキュアにアクセスする

●公教育向けのシステムをAWSに構築する際のポイント

こっちも大した情報なし。資料請求するしかないか。



閲覧数:218回

最新記事

すべて表示

■AWS関係 こんなことまでするようになったんだ。 〇つくば市とAWS、研究開発型スタートアップの成長加速に向け連携 〇浜松市と AWS、デジタル・スマートシティ浜松の実現に向け連携 ■フォーラム デジタル市役所に向けDX推進、人材育成とガバクラ対応に悩み 後でゆっくり読むこと。 ■自治体RFI 今回はあんま参考になるのがない。 〇前橋市予算執行業務のDX推進(物品発注、電子請求書発行・管理、会計

東京と比較しても仕方ないけど、やはり大規模都市の方が色々楽しいだろうな~ ・これまでの延長線上にはない、東京全体のDXを推進するための新たな展開を発表。 ・場所は、「スマート東京」先行実施エリアのDXやイノベーション企業が集結する「Shin Tokyo 4TH」。 ・都庁内外の力を結集してイノベーティブなサービスを生み出し、高度なデジタル人材を採用、また、都内区市町村も含めたDXを推進し、そして、

今週は小規模自治体の参考になりそうなネタはなし。 ■デジタル庁が公金受取口座登録の情報を行政機関に10月から提供、給付事務を簡素化 デジタル庁は2022年10月11日から給付金などの給付事務を行う行政機関に対し、公金受取口座登録された口座情報を提供開始する。河野太郎デジタル相が2022年9月9日の記者会見で明らかにした。 公金受取口座登録制度とは、銀行などの預貯金口座情報をあらかじめ自身のマイナポ