top of page

長崎県のAWSを使った統合型校務支援システム 

更新日:2021年8月16日

追記

■【文科省サイト】統合型校務支援システムの共同調達・共同利用ガイドブック

https://www.mext.go.jp/content/20200804-mxt_jogai02-100003179_002.pdf

→ファイルバカでかいの注意


■【文科省チャンネル】令和元年度統合型校務支援システム導入実証研究事業成果報告(令和2年3月6日)

https://www.youtube.com/watch?v=DkB0GCZxfAU

→チェックまだ


■AWSの自治体導入ページ

 このあたりか?


=================================

統合型校務支援システムの導入自体は今や珍しくもないが、AWSを使った完全パブリッククラウドでやっていたのか。知らなった。


教育家庭新聞の記事ー統合型校務支援システム 全県で共同調達・整備・運用<長崎県教育庁義務教育課・坂本隆典氏>

2020年3月のセミナーの記事ということは、2018年くらいからはパブリックでやることを構想していたんだろうか?システム自体はどこのものでも大差はないが、その時点でよく思い切ったもんだ。


と思ったら、更に1年前の記事がある。

統合型校務支援システム導入実証研究事業成果報告~事業きっかけに全市導入など積極的に推進

だが、詳細は良くわからないな。


もう1つ記事。エデュケーショントゥモローというサイト。

確実に広がる教育分野におけるクラウド活用 ~AWS「教育×クラウド」のビジョンに迫るPosted on 2020-11-25

 あまり詳しい情報は無い。


以下、AWSのサイト。

●AWSも協力し、教育分野でのパブリッククラウド導入拡大を謳う「政策提言ペーパー」が発表されました

●小・中・高等学校の教育情報システムをAWS上に構築してセキュアにアクセスする

●公教育向けのシステムをAWSに構築する際のポイント

こっちも大した情報なし。資料請求するしかないか。



閲覧数:292回

最新記事

すべて表示

■地図データのG空間情報センターを介した一般公開について 令和5年1月23日(月)正午(午前12時)より、全国の登記所備付地図の電子データ(※1)を、G空間情報センター(※2)を通じて無償で一般公開することとなりましたので、お知らせします。 G空間情報センターのホームページはこちら これまで、法務局が有する地図データは、地図証明書・図面証明書として法務局で写しの交付を受ける方法や、インターネットで

流石に息切れしてくるねー ■企業サービス 株式会社TKC(本社:栃木県宇都宮市/代表取締役社長:飯塚真規)は、当社が提供する「TASKクラウド スマート申請システム」について機能強化し、今冬以降、順次提供を開始いたします。 ■自治体情報 〇PwCコンサルティング、高松市「デジタル田園都市国家構想」事業にGeoloniaと参画 〇京都市介護保険システムに係る情報提供依頼(RFI) 〇横浜市における障

■自治体調達関係 2022/11/11:新潟市 新潟市インターネット仮想環境構築業務の事業者選定にかかる一般競争入札参加者の公募について 仮想ブラウザ型の調達だ。特に新しい知見なし。 2022/11/8:日経クロステック 広島県らIoT活用「スマートごみ箱」設置、ポイ捨て削減とごみ回収効率化を検証 圧縮するタイミングを掴むことが目的のシステム?よくわからん。 SmaGOの特徴は、ごみの蓄積情報をク

bottom of page