12月12日まとめメモ

更新日:2020年12月13日

■Google系 ※後で整理する

 ・「スタディサプリ」の教員向けサービス、「G Suite for Education」との連携を強化

 ・Google認定教育者のススメ

 ・Google 教育者認定資格

 ・「Gmail」で「Mail」「Chat」「Meet」など集約--統合ワークスペースに

   教員の使うメールも、もうGスイーツに統合してしまおうか? 


■apple系 ※後で整理する

 ・ブラウザの設定方法:iPad Safari

 ・iPadのSafariでモバイル用のWebページをデスクトップ(PC)用に切り替える

 ・

 ・


■Microsoft系 ※後で整理する

 ・

 ・

 ・



■デジタル教科書は2024年に無償化へ

 財政的には、導入はそこまで待つことになるか。

■ICT支援員

 何か団体ができてる。




◆令和2年度情報教育担当者連絡会議「GIGAスクール構想の実現について・令和3年度概算要求について」

 YouTubeで公開。

 あと、文科省の担当課長代わってたのか。人事のことはよくわからんが、このタイミングでよく代えたな。それとも代わっても大して影響ないのか。

 さすがに本省課長ということで、引き継いで間もなかろうに説明はソツない感じ。一方で余り熱意というか、勢いは感じないが仕方ないか。

 なお、議題ごとに動画の開始時間が書いてあるのはとても親切。


◆授業目的公衆送信補償金制度

 余裕がなくてまだ全然勉強してない。

 後で見る。

 こっちも参照。


◆熊本の教育イベント

 かなり大規模なのをやるようだ。

 こっちは日々の事務を回すだけでギリギリなのに、よくここまでできるもんだ。



◆第30回全国産業教育フェア大分大会

 何でブクマしたのかわすれたが、実業系高校の結構な予算になっているんだった。

 工場で使うような機械だけじゃなく、ドローンとか最新の内容もあるようだ。

 ただ、HPの作りが非常に分かりにくい。


教育再生実行会議 初等中等教育ワーキング・グループ(第2回)配布資料

 これもまだ精査できてない。

 あと、実行本部でも何かあった気がするが、こっちはサイトがないんだよねー。





閲覧数:68回

最新記事

すべて表示

■AWS関係 こんなことまでするようになったんだ。 〇つくば市とAWS、研究開発型スタートアップの成長加速に向け連携 〇浜松市と AWS、デジタル・スマートシティ浜松の実現に向け連携 ■フォーラム デジタル市役所に向けDX推進、人材育成とガバクラ対応に悩み 後でゆっくり読むこと。 ■自治体RFI 今回はあんま参考になるのがない。 〇前橋市予算執行業務のDX推進(物品発注、電子請求書発行・管理、会計

東京と比較しても仕方ないけど、やはり大規模都市の方が色々楽しいだろうな~ ・これまでの延長線上にはない、東京全体のDXを推進するための新たな展開を発表。 ・場所は、「スマート東京」先行実施エリアのDXやイノベーション企業が集結する「Shin Tokyo 4TH」。 ・都庁内外の力を結集してイノベーティブなサービスを生み出し、高度なデジタル人材を採用、また、都内区市町村も含めたDXを推進し、そして、

今週は小規模自治体の参考になりそうなネタはなし。 ■デジタル庁が公金受取口座登録の情報を行政機関に10月から提供、給付事務を簡素化 デジタル庁は2022年10月11日から給付金などの給付事務を行う行政機関に対し、公金受取口座登録された口座情報を提供開始する。河野太郎デジタル相が2022年9月9日の記者会見で明らかにした。 公金受取口座登録制度とは、銀行などの預貯金口座情報をあらかじめ自身のマイナポ