情報整理

■前の文科省のICT担当課長の記事

今は理化学研究所の部長 兼 内閣官房デジタル改革関連法案準備室だとか。

何かぶっちゃけみたいな内容があるかと期待したが、毒にも薬にもならない内容だった。


■EdTech事業者の成果報告一覧

R1だったか、R2だったか記憶があいまいだが、成果検証が乗っている。

まだ全部は見てないが、単なる企業のパンフレットに先生や児童のアンケートを申し訳程度に載せたのが殆どじゃないか。

まだ黎明期だし、しょうがないのかもね。


一方、こんなのもあった。慶応の教授の簡単なレポートだが、こういうのがきちんと出てくると予算要求が楽になる。やっぱ、直営ではこんなのは無理なのかね。

宮城県・宮崎県・熊本市・長野県・三重県・島根県の高校1年生637名、AI型教材「Qubena(キュビナ)」の効果を検証


■文科省:新時代の学びにおける先端技術導入実証研究事業(多様な通信環境に関する実証)

 特に得るものなし。


ICT教育に関する包括連携協定を締結 デジタル教育ツールの活用を進める【東京都町田市】

 町田市もよくニュースで見るけど、公式サイトには情報が全くない。予算は相当投入しているみたいだが、企業とつなぎをつける人がいるんだろうか。

愛知県教委、全県立高校・特別支援学校で授業支援クラウド「ロイロノート・スクール」を導入

 高校で入れたのか。理由を検索してみたら、常任委員会の議事録があった。

 もともと結構力を入れてたのか。知らなんだ。


■製品情報

プリンターも電子黒板もGoogle Classroomに連携【エプソン販売】

色々便利になってるみたい。一回デモを見に行くか。

Chromebookもタテ書き・ルビ付きテキスト表示【ゼッタリンクス】

 正直いらんけど、色々なアプリが開発されてくる。現状の使い勝手はどんどん改良されるだろう。

ミラキャストもChromebookからの大型提示も~ワイヤレスディスプレイアダプターの新製品「TrinityVision」新発売

・・・5万円?

サンワサプライのちょっとしたアイテム

GIGAスクール構想の課題「机が狭い問題」を一発解決「天板拡張くん」





46回の閲覧

最新記事

すべて表示

文科省の補正情報

岸田政権の補正事業。 教育ICT関係も多少ある。 https://www.mext.go.jp/a_menu/yosan/r01/1420672_00002.htm 総額では大きいけど、ICT関係はそんなでもないな。 GIGA関係は201億円。そんなでもないな。 ① GIGAスクール運営支援センター 52億円 よくわからないのが、「全国一斉の学校ネットワークの点検・応急対応」も入っているところ。運

もう12月だ!

予算要求に向けて5月から色々準備してきたが、いざ資料調整してみると、色々と問題が出てくるな~。まあ、仕方ない。 下書きのまま、数か月たってしまった。 中々モチベーションを維持するのも大変だ。 ■文科省は「情報教育・外国語教育課」を廃止し、これまで担ってきた業務を局内の各課で担当する 責任が各課に薄まって、何も進まなくなる王道パターンの予感・・・・ ■WEBプロキシとは? 仕組みや機能・メリットにつ

memo整理

■Google Meetで文字起こしやチャット保存を実現する無償のChrome拡張 こえもじは、音声認識技術を活用したGoogle Meet用のChrome向け拡張機能。会話の音声を文字起こしして、字幕として画面上やチャット欄に表示する「字幕送信機能」(日本語のみ対応)、チャットに記入した内容を画面上に流して表示する「流れるチャット機能」、チャットの履歴を保存できる「チャット履歴ダウンロード機能」