DMCAとは

MCAとは、デジタルミレニアム著作権法(Digital Millennium Copyright Act)の略称。

デジタルコンテンツに関する著作権として事実上の基準となっている。


従来はサイトのコンテンツが盗用された時、盗用したサイト運営者が分かる場合に限って、直接削除要請をすることで盗用コンテンツを削除することが出来た。


しかし、サイト管理者が不明な場合、盗用コンテンツが検索結果に残ってユーザーが盗用サイトへと流入してしまう。


この問題を解決するために2000年にアメリカでDMCAという連邦法が成立し、プロバイダーに対して著作権侵害を申し立て削除することが可能となった。

日本でも2001年に「プロバイダー責任制限法」が成立し、相手が不明でもプロバイダーへの削除依頼や盗用者の情報の開示を要求することが可能となった。


このような中、インターネット上から自分に都合が悪い情報を消そうとする悪質な人たちも存在する。

3回の閲覧