EdTechのタイプ

元記事はテックノート。


■オンライン講義

・MOOC(Massive Open Online Course)


■教師や生徒のコミュニケーション促進(教育向けSNS)


■学習状況を管理する

LMS(Learning Management System)


■多様な学び方を提供

楽しんで学ぶ「ゲーミフィケーション」とそれぞれに最適な学習内容を提供する「アダプティヴラーニング」


・ゲームフィケーションは、ゲームが持つ人を楽しませるノウハウをゲーム以外の領域で生かすこと。ゲームのようにレベル・ポイント・ミッションの要素を取り入れることや、難易度を続けたくなるレベルにチューニングするなど、ゲーム作りにおけるさまざまなノウハウを利用。そこにランキング・チャット・対戦などのコミュニケーションの要素を加える。

ゲーミフィケーションはゲームのように「ハマる」コンテンツを作り、学習を楽しむことを目的。


・アダプティヴラーニングは、それぞれのユーザーに合わせて学習内容を自動調節して提供する、教育者の目指してきた理想の教育を実現しようとするもの。

今までは学力に基づいたクラス分けなど大きな枠組みで取り組むのが限界。それを改善するために利用されたのが「ビッグデータ」。ビッグデータを教育に利用し、それぞれのユーザーの学習データを広い範囲で大量に集め、それを分析・反映し、最適な学習内容を提示。

閲覧数:12回

最新記事

すべて表示

■国関係 〇大臣会見2本 https://www.digital.go.jp/news/minister-220930-01/ https://www.digital.go.jp/news/minister-220926-01/ 〇会議 /地方公共団体の基幹業務等システムの統一・標準化に関する関係府省会議(第2回)(令和4年9月30日開催) デジタル田園都市における地域幸福度指標(Well-Bei

■AWS関係 こんなことまでするようになったんだ。 〇つくば市とAWS、研究開発型スタートアップの成長加速に向け連携 〇浜松市と AWS、デジタル・スマートシティ浜松の実現に向け連携 ■フォーラム デジタル市役所に向けDX推進、人材育成とガバクラ対応に悩み 後でゆっくり読むこと。 ■自治体RFI 今回はあんま参考になるのがない。 〇前橋市予算執行業務のDX推進(物品発注、電子請求書発行・管理、会計

東京と比較しても仕方ないけど、やはり大規模都市の方が色々楽しいだろうな~ ・これまでの延長線上にはない、東京全体のDXを推進するための新たな展開を発表。 ・場所は、「スマート東京」先行実施エリアのDXやイノベーション企業が集結する「Shin Tokyo 4TH」。 ・都庁内外の力を結集してイノベーティブなサービスを生み出し、高度なデジタル人材を採用、また、都内区市町村も含めたDXを推進し、そして、