EdTechのタイプ

元記事はテックノート。


■オンライン講義

・MOOC(Massive Open Online Course)


■教師や生徒のコミュニケーション促進(教育向けSNS)


■学習状況を管理する

LMS(Learning Management System)


■多様な学び方を提供

楽しんで学ぶ「ゲーミフィケーション」とそれぞれに最適な学習内容を提供する「アダプティヴラーニング」


・ゲームフィケーションは、ゲームが持つ人を楽しませるノウハウをゲーム以外の領域で生かすこと。ゲームのようにレベル・ポイント・ミッションの要素を取り入れることや、難易度を続けたくなるレベルにチューニングするなど、ゲーム作りにおけるさまざまなノウハウを利用。そこにランキング・チャット・対戦などのコミュニケーションの要素を加える。

ゲーミフィケーションはゲームのように「ハマる」コンテンツを作り、学習を楽しむことを目的。


・アダプティヴラーニングは、それぞれのユーザーに合わせて学習内容を自動調節して提供する、教育者の目指してきた理想の教育を実現しようとするもの。

今までは学力に基づいたクラス分けなど大きな枠組みで取り組むのが限界。それを改善するために利用されたのが「ビッグデータ」。ビッグデータを教育に利用し、それぞれのユーザーの学習データを広い範囲で大量に集め、それを分析・反映し、最適な学習内容を提示。

0回の閲覧