GIGAスクールのタブレット調達関係

適当に検索していたら、神奈川県の厚木市がRFIを出してた。

RFI、RFPといった知識をもった職員がまずちゃんといるんだな。うちなんか僕しか知らないぞ。

内容からすると、共同調達ではなく、市単独の調達のようだ。神奈川くらいの大規模県だと共同調達なんで、事務的に無理だろうし。


さて、まさかの「今年度中に9学年全部整備」方針が出たが、実際どうなるんだろうか。実際無理だと思うけど、コロナを理由にすれば予算の繰り越しを国が却下することはあるまい。


調達するのはいいが、3月末の自治体ピッチで各企業が提示したパッケージをそのまま指定して購入しようと思っていたが、文科省はダメと言っているらしい。あくまであれは「事例」だと。特定のメーカーや製品を指定するな、と。

理屈はわかるが、この辺も文科省は全く使い物にならないよなー。だったらあのプレゼンは何だったのか、という話だ。だったら最初からそう言っておけよ。各企業とも、「当社のパッケージを希望する場合は個別に連絡をして」といっていただろ。会場に文科省の担当課長もいたのに、そういった企業説明に一切注意をしなかったろ。

だから当然視聴者はパッケージを指定して購入する方向で検討していたはずだ。

プレゼン企業への事前説明もいい加減だったとも聞いた。



大体、文科省の言い分も全くおかしくなっている。当初はコストダウンのために共同調達しろと言っていて、それは理解できる。

ところが自治体ピッチでは4.5万円から安くしなくていいから、とにかくお得要素を詰め込め、と。この時点で共同調達の意義は失われている。

更に、せっかく企業が頑張って作ったパッケージを指定してはいけないとは・・・

ピッチの主導権は内閣官房みたいだし、この辺滅茶苦茶になってるのかもね。


だったらいっそ、文科省がタブレットをまとめて大量に一括調達してしまい、各自治体にばらまけばいいのだ。どうせ4.5万円までなら国費なんだし。そうできれば、全国で膨大に発生する調達事務が削減され、現場での導入や運用に注力できるが、そんなこともしないだろうし。


この滅茶苦茶な状況に対応できる自治体は限られるのではなかろうか。



328回の閲覧

最新記事

すべて表示

4月上旬まとめ

■教育データの利活用に関する有識者会議 論点整理(中間まとめ) 後で読む。 しかしタブレットを漸く導入して、さてこれから使い方の研修を・・・といったところが殆どだろうに、こんな話をされても・・・といったところじゃないのか。 GIGA整備みたいに、とりあえず発注して企業と契約してしまえば何とかなったのとはだいぶ違う。職員に相当なレベルのスキルが必要になるのでは。あるいは、ベネッセみたいな大きなところ

【3月29日】国の動きなど

■「#教師のバトン」プロジェクト 文科省のこのプロジェクト、色々な意味で大盛り上がりである。どこに着地させるつもりなのか、注目。 ■教育再生実行会議 余裕があれば読む・・・と思って読まない気がする・・・ 土日に登録した色々なオンラインのものも、最近はダウンしたまま見れてない・・・ ざっと読んで異論はないけど、これを「実務」としたときに、いったい誰がこれだけのことをできるというのか。 ハード整備は業

今年度も残り1ヶ月か

発注済みのGIGA関係事業の年度内完了に向けた作業と、新年度から動くための各種の準備で死ねる。他の自治体も本当に年度内に始末できるんだろうか?事故繰が全国で頻発しないのだろうか? 整備だけなら何とか済みそうだが、ソフトもハードも組織も、問題なく本番運用できるかどうか、非常に不安だ。 とにかく、やることにキリが無い。「できない、わからない」と言ってしまえば楽にはなるけど、そんなしょーもないスタンスで