GLOCOM六本木会議 2018提言書

元記事はこちら。


 国際大学グローバル・コミュニケーション・センター(GLOCOM : Center for Global Communications)は、1991年に設立された国際大学付属の研究所。  学際的日本研究や、情報通信技術の発展と普及に根ざした情報社会の研究と実践を活動の中心におき、産官学民の結節の場として、常に新しい社会動向に関する先端研究所。


【要約】教育情報化にブレイクスルーをもたらすための5つの提言

・情報社会で日常的・持続的なICT機器の利用は不可欠。児童・生徒の日常にもICT機器が普及し、学習場面でも学習者がICTを扱うことで学習の機会を確保し、学びの効果を飛躍的に高めることが期待される。


・日本は世界的にみてもICT 環境整備・活用の遅れが顕著。家庭・学校間に著しいデジタル・デバイドが生じ、今後の深刻な社会的悪影響が懸念。


1 1 人 1台学習者用コンピュータ整備の実現を

2  学校への確実な情報環境整備と有効活用

3  デジタル・コミュニケーションの抑制から活用へ

4  教育分野のオープンデータ整備・活用の推進

5  デジタルによるひらかれた学校づくり

3回の閲覧

最新記事

すべて表示

文科省の補正情報

岸田政権の補正事業。 教育ICT関係も多少ある。 https://www.mext.go.jp/a_menu/yosan/r01/1420672_00002.htm 総額では大きいけど、ICT関係はそんなでもないな。 GIGA関係は201億円。そんなでもないな。 ① GIGAスクール運営支援センター 52億円 よくわからないのが、「全国一斉の学校ネットワークの点検・応急対応」も入っているところ。運

もう12月だ!

予算要求に向けて5月から色々準備してきたが、いざ資料調整してみると、色々と問題が出てくるな~。まあ、仕方ない。 下書きのまま、数か月たってしまった。 中々モチベーションを維持するのも大変だ。 ■文科省は「情報教育・外国語教育課」を廃止し、これまで担ってきた業務を局内の各課で担当する 責任が各課に薄まって、何も進まなくなる王道パターンの予感・・・・ ■WEBプロキシとは? 仕組みや機能・メリットにつ

memo整理

■Google Meetで文字起こしやチャット保存を実現する無償のChrome拡張 こえもじは、音声認識技術を活用したGoogle Meet用のChrome向け拡張機能。会話の音声を文字起こしして、字幕として画面上やチャット欄に表示する「字幕送信機能」(日本語のみ対応)、チャットに記入した内容を画面上に流して表示する「流れるチャット機能」、チャットの履歴を保存できる「チャット履歴ダウンロード機能」