Googleセミナー他


1.Googleセミナー

 YouTubeで説明会あり。

 文科省の説明は特記無し。

 奈良県の説明ポイント。

 各種の先進的取り組みとして以下があるそうだ。

 〇以下は知ってた。

  • Microsoft圏域包括ライセンス

  • Adobeの包括ライセンス

  • 校務支援システム →幼稚園から高校まで可能なの??奈良県のサイトを後でチェック

 〇以下は製品としては知ってたが、ライセンスだとか運用契約だとかは知らない

  • Gsuiteの圏域運用契約 →ストリートスマートと契約している。要するにするに、運用管理を委託しているということか。

  • ライフイズテック圏域ライセンス →ちょっとヒットしないが、まあ共同ライセンスでやっているということだろう。

  • モリサワフォント

 〇以下は全く知らない。

  • palstep運用契約 →生徒一人一人の学習レベルに応じて学習を進めることができる小中学生向けのeラーニングシステムとのこと。特別支援向けのようだ。

  • 内田洋行のCMS包括ライセンス →CMSもやってたのか。初めて聞いたが、「学校専用ホームページ管理システム OpenSchool CMS」なるものを出している。


ついでに奈良県教育委員会のサイトを見たら、タブレットのRFI出してた。

見たけど、これじゃ余りにざっくりすぎて、ベストの提案は出ないのではないか?ある程度基準を詳細に示さないと、提案の比較が難しいと思うけど。



2.ICTアドバイザー開始

 サイトができた。中身はスカスカだが。

 さて、この制度の目的は校内LAN整備の予算不足に対するアドバイスをするという体面だった。 早速教育新聞の記事にも出てるが、「助言によって3分の1程度に圧縮される事例が相次いでおり・・・」などとあるが、そういうスタンスで行く気か!

 資料の【⾒直し助⾔の内容】の例では、2,880万円が895万円まで減額とあるけど、中身は無茶苦茶だ。

  • 22教室で算定しているが、1学校あたりの学級数は8.8学級なので、無線AP22台を9台+αに修正

→いや、要綱では「生徒が学習に要する場所」であればOKのはずだろ?何で勝手に普通教室だけに限定されねばならんのか。

  • 無線AP⾃⾝にコントローラ機能を持つ機種もあるため、無線コントローラーライセンスの必要性が疑問。

→これはAPのメーカー型番やライセンス形態を明らかにしないと議論できない。それなしで金額だけの話をするのはおかしい。

  • スイッチ関係の台数も多すぎる(14台)。

→校舎の構造や利用実態によって全く違うだろう!全てが標準値どおりにいくわけないだろ。

  • 情報コンセントの設置を計画しているが、情報コンセントを使⽤せず、直接無線APに LANケーブルを接続することで⼯事費を節約が可能。

→APはそれでもいいが、IPアドレスを持つ電子黒板機能付PJなりを教室に固定整備するなら情報コンセントは必須。

閲覧数:114回

最新記事

すべて表示

■AWS関係 こんなことまでするようになったんだ。 〇つくば市とAWS、研究開発型スタートアップの成長加速に向け連携 〇浜松市と AWS、デジタル・スマートシティ浜松の実現に向け連携 ■フォーラム デジタル市役所に向けDX推進、人材育成とガバクラ対応に悩み 後でゆっくり読むこと。 ■自治体RFI 今回はあんま参考になるのがない。 〇前橋市予算執行業務のDX推進(物品発注、電子請求書発行・管理、会計

東京と比較しても仕方ないけど、やはり大規模都市の方が色々楽しいだろうな~ ・これまでの延長線上にはない、東京全体のDXを推進するための新たな展開を発表。 ・場所は、「スマート東京」先行実施エリアのDXやイノベーション企業が集結する「Shin Tokyo 4TH」。 ・都庁内外の力を結集してイノベーティブなサービスを生み出し、高度なデジタル人材を採用、また、都内区市町村も含めたDXを推進し、そして、

今週は小規模自治体の参考になりそうなネタはなし。 ■デジタル庁が公金受取口座登録の情報を行政機関に10月から提供、給付事務を簡素化 デジタル庁は2022年10月11日から給付金などの給付事務を行う行政機関に対し、公金受取口座登録された口座情報を提供開始する。河野太郎デジタル相が2022年9月9日の記者会見で明らかにした。 公金受取口座登録制度とは、銀行などの預貯金口座情報をあらかじめ自身のマイナポ