top of page

memo整理

■Google Meetで文字起こしやチャット保存を実現する無償のChrome拡張

こえもじは、音声認識技術を活用したGoogle Meet用のChrome向け拡張機能。会話の音声を文字起こしして、字幕として画面上やチャット欄に表示する「字幕送信機能」(日本語のみ対応)、チャットに記入した内容を画面上に流して表示する「流れるチャット機能」、チャットの履歴を保存できる「チャット履歴ダウンロード機能」の3つを提供する。


こっちがChromeウェブストアのリンク


それで試してみるが、これは凄い。これで無料とは凄いな。


リンク共有のセキュリティ アップデートをドライブに適用する方法を決める

 明日から適用のはず。面倒なことにならないでくれよ~


Google Workspaceの機能検索すると、色々なヘルプがでてくるようだ?

前からだっけ?最近だっけ?

把握したものだけでもまとめる。しかし、これ職員直営対応は無理だろ。

Googleヘルプ

 Google Workspace特化ではなく、Googleの様々なサービスに関するヘルプかな。


Google Workspace 管理者ヘルプ

 いつものヘルプ。


Google Chrome Enterpriseヘルプ

教育版と違うのか?


Chromebookヘルプ

名前のとおり、Chromebook特化のヘルプ集のようだ。

なお、関連して「Chromebookヘルプコミュニティへようこそ」というのがある。ユーザーが色々投稿しているようだ。

 

クラスルームヘルプ

名前のとおり、クラスルーム特化のヘルプ集のようだ。

なお、関連して「GoogleClassroomヘルプコミュニティへようこそ」というのがある。ユーザーが色々投稿しているようだ。


Googleアカウントヘルプ

名前のとおり、アカウント関係のヘルプ集のようだ。


Google Chrome

 名前のとおり、ブラウザのヘルプ。

 なお、関連して「Google Chrome のヘルプ コミュニティへようこそ」というのがある。ユーザーが色々投稿しているようだ。

 「Chrome「この接続ではプライバシーが保護されません」の原因・対処法」


Chromeリリースブログ


■MDM整理

 WindowsはintuneChromebookは一択だが、iPadが面倒くさい。設定も面倒だ。

CLOMO

meraki

jamf


■卒業時のアカウント移行作業の整理

 そろそろ整理しとかなければ。

 一先ず参考リンクだけまとめる。

YouTubeで見つけたもの

 個人用Gアカウントへの移行についての説明。アカウントページからの転送(コンテンツの移行)の設定だ。



■Chromebookにセキュリティソフトのインストールが必要か?

・【Googleが守ってくれている】Chromebookにセキュリティソフトは必要ない?なぜ必要ないのかを解説

個人サイトの説明なので注意。


Chromebook セキュリティソフトは不要」で検索すると多くヒットするが、公式はないのかね。




最近Googleばっかりなので、Microsoftの情報も。

■教育委員会で初の Microsoft 365 A5 採用決定! Surfaceと取り組む教員の働き方改革 ~だれもが安心して学べる ICT 教育環境の実現に向けて~

記事自体は古いが、何かの関連でヒットしたサイト。

ポイントとしては、以下かな。

・surfacebook2の導入で、校務と学習で兼用させている

・A5導入によりアンチウィルス系のソフトは廃止

詳しい仕組みは説明されていない。教員PCを兼用利用させる仕組みを早く確立させねば。



ソリトンのサイト。

教育情報システムのセキュリティ対策

最近教育系でもよく聞く。まるっと乗っかってもよさそうだが。

「インターネットは厳しく制限するのではなく、適切なセキュリティが確保された環境下で積極的に活用していくことが求められています。端末内で論理的に分離されたインターネット専用ブラウザがあれば、校務専用端末でも安全・快適なインターネット利用が可能です。」

・・・初期の総務省型のNW分離は大失敗政策だと思うがな。



短縮URLについて

利用することはないが、通信エラーの原因になるので、一度しっかり読んでおくこと。


データ消去について

以前に整理したけど、マニュアル化しておこう。


シングルサインオンについて

Google Workspaceと連動するアプリが多い。整理しておく。


QRコード作成サイト

有料だと色々使えるようだ。



閲覧数:49回

最新記事

すべて表示

■地図データのG空間情報センターを介した一般公開について 令和5年1月23日(月)正午(午前12時)より、全国の登記所備付地図の電子データ(※1)を、G空間情報センター(※2)を通じて無償で一般公開することとなりましたので、お知らせします。 G空間情報センターのホームページはこちら これまで、法務局が有する地図データは、地図証明書・図面証明書として法務局で写しの交付を受ける方法や、インターネットで

流石に息切れしてくるねー ■企業サービス 株式会社TKC(本社:栃木県宇都宮市/代表取締役社長:飯塚真規)は、当社が提供する「TASKクラウド スマート申請システム」について機能強化し、今冬以降、順次提供を開始いたします。 ■自治体情報 〇PwCコンサルティング、高松市「デジタル田園都市国家構想」事業にGeoloniaと参画 〇京都市介護保険システムに係る情報提供依頼(RFI) 〇横浜市における障

■自治体調達関係 2022/11/11:新潟市 新潟市インターネット仮想環境構築業務の事業者選定にかかる一般競争入札参加者の公募について 仮想ブラウザ型の調達だ。特に新しい知見なし。 2022/11/8:日経クロステック 広島県らIoT活用「スマートごみ箱」設置、ポイ捨て削減とごみ回収効率化を検証 圧縮するタイミングを掴むことが目的のシステム?よくわからん。 SmaGOの特徴は、ごみの蓄積情報をク

bottom of page