​更新日:2021/7/6

​その他いろいろ参考になりそうなリンクをまとめる。

≪文書内アンカー≫

コンビニから印刷

検索方法

MSoffice系

便利ソフト

資料作り

​・

 

■検索方法

​・Googleで検索ワードと一緒に使うと効率が劇的にアップする「検索演算子」


◆“~~”
複数の単語をダブル引用符でくくることで、完全一致検索を強制するす。例:“Steve Jobs”

◆OR、AND
「A OR B」と入力することでAもしくはBに関連する結果が、「A AND B」と入力することでAとBの両方に関連する結果が表示されます。ただし、Googleの検索はデフォルトでAND検索が行われるため、ANDをわざわざ使う場面はありませんが、他の演算子と組み合わせることができるので便利です。

◆in
「A in B」と入力することで、通貨・長さ・重さ・気温などの単位換算が検索結果に表示されます。例えば「500ドルは日本円だといくらになるのか」を調べるためには「500USD in JPY」と入力します。

◆filetype:
PDFやTXTなど、特定のファイル形式のリンクだけを検索結果に表示させます。

◆site:
特定のウェブサイトのページだけを検索結果に表示させます。そのため、複雑な階層のウェブページから情報を素早く見つけることができるようになります。また、「site:example.com/blog」などのようにディレクトリを指定して検索すると、Googleの検索結果に表示されるにも関わらず実際は存在しないインデックスエラーのページを見つけることも可能。自身のサイトの検索エンジン最適化に役立たせることができます。

◆-
特定の用語やフレーズを除外します。例えば「jobs -apple」と検索した場合、「jobs」の検索結果からappleに関連する検索結果が除外されて表示されます。

◆*
「『犬も歩けば棒に当たる』ということわざの意味を調べたいのに『犬も歩けば』の後がまったく思い出せなくて検索できない」といったように、いざ検索したい時でもキーワードがはっきりしていないことがあります。「*」は「ワイルドカード演算子」と呼ばれる演算子で、「犬も歩けば*」など、思い出せない部分に「*」を置いて検索することができます。

◆()
複数の単語や検索演算子をグループ化して、検索の実行方法を制御することができます。例えば「(ipad OR iphone) apple」と検索すると、「ipad AND apple」もしくは「iphone AND apple」の検索結果が表示されます。

◆|
ORと同じ意味を持つ検索演算子で、「apple|iphone」と二つのキーワードの間に挟むことでOR検索が可能です。

◆+
「“~~”」と同じで、「apple +iphone」と入力することで、完全一致検索を行います。

 
 

■便利ソフト

​〇PDF

Photopea・・・無料で編集できる

(説明サイト)

説明動画

​〇ファイル送信

ギガファイル便​​

ファイル分割ソフト

​・ファイル分割の運用方法

 

​〇ファイル操作

ファイル変換

 

 

■資料作り​​

〇QRコード作成

・​QRコード[二次元バーコード]作成 【無料】

 

〇無料イラスト素材

ソコスト

ちょうどいいイラスト

LooseDrawing

​・

​■教育論

2020年教育改革-AI時代の教育指標「ブルームタキソノミー」の話

​・