top of page

【記事】小中学校スマホ解禁、大阪で19年度にも 災害時に有効

元記事は日経。


あくまで”災害対応”という非常時限定の取組のようだ。教育自体の価値まで踏み込めていない。

======================================

 大阪府内の公立小中学校で2019年春にも、児童や生徒が校内にスマホを持ち込めるようになる。全国で大半の学校が禁止とする中、災害時に子供と連絡を取るのに苦労した保護者らから解禁の要望が寄せられ、容認を決めた。府教育庁は「授業に支障が出ないようにしたい」と校内での利用ルール作りを急いでいる。


大阪府議会の教育常任委員会。府議が学校にスマホなどの持ち込みが禁止されている現状を問うと、府教育庁の担当者は「防災や防犯上の観点から、原則禁止とするルールを改めるのが望ましい」と容認の考えを表明した。

府教育庁は18年度中に各市町村教委に対し、学校内での管理や利用方法のガイドラインを示す方針で、早ければ19年度から解禁する。

文部科学省は09年に都道府県教委に出した通知で「教育活動に直接必要のないもの」として、スマホや携帯電話の持ち込みを原則禁止している。同省の08年調査では全国の公立小学校の94%、中学校の99%が禁止。大阪府内でも特別な理由がない限りは認めていなかった。


 庁内ではスマホなどを授業中に隠れて使わないか、インターネットへの依存が高まらないかなど解禁に後ろ向きな意見も相次いだが、最終的には「ルールを定めて管理すれば、災害や事件が起きた際の連絡手段として利点が大きい」と判断。

 文科省は「校内で使わないといった適切な指導があれば、例外として認められる」としている。兵庫県教委は「紛失などのトラブルが心配」、和歌山県教委も「メリットも大きいが、授業中に使わないだろうか」と慎重姿勢。

 内閣府の2017年度の調査によると、スマホ率は小学生55%、中学生66%、高校生97%。使用機種では小学生がスマホとガラケーが半々。中学生はスマホが8割。東京都の保護者調査によると、子どもにスマホを持たせた理由は「子供にせがまれたため」が33%、「所在地がわかるようにするため」(30%)や「情報処理能力がつくため」(15%)。

閲覧数:9回

最新記事

すべて表示

■地図データのG空間情報センターを介した一般公開について 令和5年1月23日(月)正午(午前12時)より、全国の登記所備付地図の電子データ(※1)を、G空間情報センター(※2)を通じて無償で一般公開することとなりましたので、お知らせします。 G空間情報センターのホームページはこちら これまで、法務局が有する地図データは、地図証明書・図面証明書として法務局で写しの交付を受ける方法や、インターネットで

流石に息切れしてくるねー ■企業サービス 株式会社TKC(本社:栃木県宇都宮市/代表取締役社長:飯塚真規)は、当社が提供する「TASKクラウド スマート申請システム」について機能強化し、今冬以降、順次提供を開始いたします。 ■自治体情報 〇PwCコンサルティング、高松市「デジタル田園都市国家構想」事業にGeoloniaと参画 〇京都市介護保険システムに係る情報提供依頼(RFI) 〇横浜市における障

■自治体調達関係 2022/11/11:新潟市 新潟市インターネット仮想環境構築業務の事業者選定にかかる一般競争入札参加者の公募について 仮想ブラウザ型の調達だ。特に新しい知見なし。 2022/11/8:日経クロステック 広島県らIoT活用「スマートごみ箱」設置、ポイ捨て削減とごみ回収効率化を検証 圧縮するタイミングを掴むことが目的のシステム?よくわからん。 SmaGOの特徴は、ごみの蓄積情報をク

bottom of page