鳥取県教育委員会GIGAスクール構想1人1台端末整備に関する情報提依頼を5月26日に公開

教育家庭新聞に載っていた。

しかし何故か直リンは貼っていない不思議仕様。


恐らくこれのことだろう。


これまで見た中では一番細かい。

応募条件を実際に入札参加資格がある者に限っているから、要するにガチで幾らでどこまでやってくれるのか、を企業に確認するということだろう。

実際地元企業に聞くと、「4.5万円じゃ何もできない」というところも多いしねー。


自治体ピッチの4.5万円は、あくまでメーカーが提示した額であって、実際に地元で納入する業者の利益は全く入ってないからなー。


4.5万円で収まらないなら、また別途予算措置が必要になるが、今から補正といってもねえ・・・


元々の補助上限4.5万という設定自体か、おかしいのだ。

文科省の課長は偉そうに「4.5万円でできないはずはない」とか言ってたが、絶対自分で仕様書を作ったり、発注して受注企業と交渉したり、学校での導入時に色々出てくる予期せぬ不具合なんか知らない。机上の空論でしかない。


いっそ、不落札になって事故繰越になったほうがいい気もする。財務もそれなら認めないこともあるまい。文科省からはSINET接続のその後の話は全く聞こえてこないし、GIGAスクール構想自体が破綻している。


だけど、金のある自治体からは一気に何万台もタブレットを入れたといったニュースもあるし、先進自治体では上手く行っているとのニュースもどんどん届くし、首長や議会からせかされることはあっても、「もっとゆっくりじっくりやりましょう」なんてことには絶対ならないけどね。


校内LANもあるし、コロナのせいで急に遠隔授業の体制整備しろとかなるし、何かもう色々とギリギリだなあ・・・






閲覧数:445回

最新記事

すべて表示

■AWS関係 こんなことまでするようになったんだ。 〇つくば市とAWS、研究開発型スタートアップの成長加速に向け連携 〇浜松市と AWS、デジタル・スマートシティ浜松の実現に向け連携 ■フォーラム デジタル市役所に向けDX推進、人材育成とガバクラ対応に悩み 後でゆっくり読むこと。 ■自治体RFI 今回はあんま参考になるのがない。 〇前橋市予算執行業務のDX推進(物品発注、電子請求書発行・管理、会計

東京と比較しても仕方ないけど、やはり大規模都市の方が色々楽しいだろうな~ ・これまでの延長線上にはない、東京全体のDXを推進するための新たな展開を発表。 ・場所は、「スマート東京」先行実施エリアのDXやイノベーション企業が集結する「Shin Tokyo 4TH」。 ・都庁内外の力を結集してイノベーティブなサービスを生み出し、高度なデジタル人材を採用、また、都内区市町村も含めたDXを推進し、そして、

今週は小規模自治体の参考になりそうなネタはなし。 ■デジタル庁が公金受取口座登録の情報を行政機関に10月から提供、給付事務を簡素化 デジタル庁は2022年10月11日から給付金などの給付事務を行う行政機関に対し、公金受取口座登録された口座情報を提供開始する。河野太郎デジタル相が2022年9月9日の記者会見で明らかにした。 公金受取口座登録制度とは、銀行などの預貯金口座情報をあらかじめ自身のマイナポ