鳥取県教育委員会GIGAスクール構想1人1台端末整備に関する情報提依頼を5月26日に公開

教育家庭新聞に載っていた。

しかし何故か直リンは貼っていない不思議仕様。


恐らくこれのことだろう。


これまで見た中では一番細かい。

応募条件を実際に入札参加資格がある者に限っているから、要するにガチで幾らでどこまでやってくれるのか、を企業に確認するということだろう。

実際地元企業に聞くと、「4.5万円じゃ何もできない」というところも多いしねー。


自治体ピッチの4.5万円は、あくまでメーカーが提示した額であって、実際に地元で納入する業者の利益は全く入ってないからなー。


4.5万円で収まらないなら、また別途予算措置が必要になるが、今から補正といってもねえ・・・


元々の補助上限4.5万という設定自体か、おかしいのだ。

文科省の課長は偉そうに「4.5万円でできないはずはない」とか言ってたが、絶対自分で仕様書を作ったり、発注して受注企業と交渉したり、学校での導入時に色々出てくる予期せぬ不具合なんか知らない。机上の空論でしかない。


いっそ、不落札になって事故繰越になったほうがいい気もする。財務もそれなら認めないこともあるまい。文科省からはSINET接続のその後の話は全く聞こえてこないし、GIGAスクール構想自体が破綻している。


だけど、金のある自治体からは一気に何万台もタブレットを入れたといったニュースもあるし、先進自治体では上手く行っているとのニュースもどんどん届くし、首長や議会からせかされることはあっても、「もっとゆっくりじっくりやりましょう」なんてことには絶対ならないけどね。


校内LANもあるし、コロナのせいで急に遠隔授業の体制整備しろとかなるし、何かもう色々とギリギリだなあ・・・






371回の閲覧

最新記事

すべて表示

4月上旬まとめ

■教育データの利活用に関する有識者会議 論点整理(中間まとめ) 後で読む。 しかしタブレットを漸く導入して、さてこれから使い方の研修を・・・といったところが殆どだろうに、こんな話をされても・・・といったところじゃないのか。 GIGA整備みたいに、とりあえず発注して企業と契約してしまえば何とかなったのとはだいぶ違う。職員に相当なレベルのスキルが必要になるのでは。あるいは、ベネッセみたいな大きなところ

【3月29日】国の動きなど

■「#教師のバトン」プロジェクト 文科省のこのプロジェクト、色々な意味で大盛り上がりである。どこに着地させるつもりなのか、注目。 ■教育再生実行会議 余裕があれば読む・・・と思って読まない気がする・・・ 土日に登録した色々なオンラインのものも、最近はダウンしたまま見れてない・・・ ざっと読んで異論はないけど、これを「実務」としたときに、いったい誰がこれだけのことをできるというのか。 ハード整備は業

今年度も残り1ヶ月か

発注済みのGIGA関係事業の年度内完了に向けた作業と、新年度から動くための各種の準備で死ねる。他の自治体も本当に年度内に始末できるんだろうか?事故繰が全国で頻発しないのだろうか? 整備だけなら何とか済みそうだが、ソフトもハードも組織も、問題なく本番運用できるかどうか、非常に不安だ。 とにかく、やることにキリが無い。「できない、わからない」と言ってしまえば楽にはなるけど、そんなしょーもないスタンスで