RPA


今さら聞けないRPAの基本 | AIとの違いやメリットを解説

上記記事より抜粋。


RPA(Robotic Process Automation)は、ホワイトカラーの単純な間接業務を自動化するテクノロジー。構造化されたデータを収集・統合し、システムへ入力する、単純業務を自動化可能。


RPAと相性が良い業務

  • 一定のルールに従って繰り返す

  • データが構造化されている

  • Windowsやクラウドのアプリを使う

  • 業務が標準化されている

  • プロセスに3人以上のリソースを求められる

  • ヒューマンエラーが起こりやすい

RPAの3つの段階


Class1:RPA

Robotic Process Automationと呼ばれるこの段階は、狭義的な意味でのRPAであり、今まで解説してきたRPAである。


決められた方法にしたがって、自動的に処理をしていくのが特徴。人為的なミスを防げるのが利点だが、決められたこと以外はできない。単純作業の反復に組み込まれる傾向がある。


Class2:EPA

2番目の段階はEnhanced Process Automationと呼ばれる。大量のデータを解析し、その結果を出力するのが主な守備範囲である。


既存の画像をもとに新たな画像をカテゴリ分けする機能、ビッグデータから顧客の傾向を分析する機能などがある。より大量のデータを処理・分析する点において、Class1と異なる。


Class3:CA

Cognitive Automationと呼ばれるそれが3段階目にあたる。Class2と異なる点は、より自立した結果を出力できる点だ。


売上データや経済情勢、流行などを多面的に分析した経営意思決定が可能。たとえば、顧客対応データをもとに自動対応するか、コールセンターに代わるか、資料を送付するかを、自動で判断し実行できる。


このように、読み取ったデータを加味したうえで、多様な選択肢あるいは今までにない選択肢を提案できる。

3回の閲覧