【教育家庭新聞記事】ICT支援員認定者の多い都道府県は順に、東京219人、大阪148人、神奈川142人

元記事はこちら。


教育情報化コーディネータ認定委員会による合格者のことのようだ。

制度概要は既に以下サイトにまとめている。

https://www.kyouikuictbot.com/sikaku


この結果では、ともてGIGAスクール構想は回らないだろう。

以下ポイント。

合格者総数は1500名程度。思ったよりも少ない。

年齢層は40台がボリューム層。

都道府県別の人数はばらつきが大きい。人口比は考えないといけないが、高知県は1名とか。

所属を見てみる。

ほとんどはICT企業系で、一部に教育関係者といったところか。

また、資格があっても支援員として働いていない人が半分いる。

雇用主体は企業がほとんど。教育委員会で1割。

そして一番重要な給与だが、200万円以上~300万円未満がボリューム層で、400万以上が3%程度。これではなあ・・・


これも来年度の重点対応項目。

ただ、業務のアウトソーシングと言えば格好はいいが、実際は安い単価での外部丸投げだからなあ。直営でも非常勤で待遇は悪いし。理念をしっかり組み立てていかないと。




閲覧数:79回

最新記事

すべて表示

あのワイワイガヤガヤの盛り上がりが懐かしい。 ●教育ITソリューション EXPO 5/11から3日間。 ●第2回 自治体DX展 6/29から3日間。 ●自治体デジタル化支援EXPO 6/16から2日間。ジェトロ主催のようだ。

予算は通ったけど、発注準備で思いのほか時間と手間を取られる。 仕様をごろっと変えるときはいつも大変だ!前任者のコピペでよければ秒で終わるが、それじゃしょうもないしね。 ■文科省関係 ★各種の会議体 〇GIGAスクール構想に基づく1人1台端末の円滑な利活用に関する調査協力者会議(第4回)の開催について http://mailmaga.mext.go.jp/c/agbSabqXwSmO1KbX 〇GI

文科から資料がくるけど、何かもうメタメタな内容と対応だなー =============================== 岸田政権の補正事業。 教育ICT関係も多少ある。 https://www.mext.go.jp/a_menu/yosan/r01/1420672_00002.htm 総額では大きいけど、ICT関係はそんなでもないな。 GIGA関係は201億円。そんなでもないな。 ① GIGA