【教育家庭新聞記事】ICT支援員認定者の多い都道府県は順に、東京219人、大阪148人、神奈川142人

元記事はこちら。


教育情報化コーディネータ認定委員会による合格者のことのようだ。

制度概要は既に以下サイトにまとめている。

https://www.kyouikuictbot.com/sikaku


この結果では、ともてGIGAスクール構想は回らないだろう。

以下ポイント。

合格者総数は1500名程度。思ったよりも少ない。

年齢層は40台がボリューム層。

都道府県別の人数はばらつきが大きい。人口比は考えないといけないが、高知県は1名とか。

所属を見てみる。

ほとんどはICT企業系で、一部に教育関係者といったところか。

また、資格があっても支援員として働いていない人が半分いる。

雇用主体は企業がほとんど。教育委員会で1割。

そして一番重要な給与だが、200万円以上~300万円未満がボリューム層で、400万以上が3%程度。これではなあ・・・


これも来年度の重点対応項目。

ただ、業務のアウトソーシングと言えば格好はいいが、実際は安い単価での外部丸投げだからなあ。直営でも非常勤で待遇は悪いし。理念をしっかり組み立てていかないと。




79回の閲覧

最新記事

すべて表示

文科省の補正情報

岸田政権の補正事業。 教育ICT関係も多少ある。 https://www.mext.go.jp/a_menu/yosan/r01/1420672_00002.htm 総額では大きいけど、ICT関係はそんなでもないな。 GIGA関係は201億円。そんなでもないな。 ① GIGAスクール運営支援センター 52億円 よくわからないのが、「全国一斉の学校ネットワークの点検・応急対応」も入っているところ。運

もう12月だ!

予算要求に向けて5月から色々準備してきたが、いざ資料調整してみると、色々と問題が出てくるな~。まあ、仕方ない。 下書きのまま、数か月たってしまった。 中々モチベーションを維持するのも大変だ。 ■文科省は「情報教育・外国語教育課」を廃止し、これまで担ってきた業務を局内の各課で担当する 責任が各課に薄まって、何も進まなくなる王道パターンの予感・・・・ ■WEBプロキシとは? 仕組みや機能・メリットにつ

memo整理

■Google Meetで文字起こしやチャット保存を実現する無償のChrome拡張 こえもじは、音声認識技術を活用したGoogle Meet用のChrome向け拡張機能。会話の音声を文字起こしして、字幕として画面上やチャット欄に表示する「字幕送信機能」(日本語のみ対応)、チャットに記入した内容を画面上に流して表示する「流れるチャット機能」、チャットの履歴を保存できる「チャット履歴ダウンロード機能」