【教育家庭新聞記事】ICT支援員認定者の多い都道府県は順に、東京219人、大阪148人、神奈川142人

元記事はこちら。


教育情報化コーディネータ認定委員会による合格者のことのようだ。

制度概要は既に以下サイトにまとめている。

https://www.kyouikuictbot.com/sikaku


この結果では、ともてGIGAスクール構想は回らないだろう。

以下ポイント。

合格者総数は1500名程度。思ったよりも少ない。

年齢層は40台がボリューム層。

都道府県別の人数はばらつきが大きい。人口比は考えないといけないが、高知県は1名とか。

所属を見てみる。

ほとんどはICT企業系で、一部に教育関係者といったところか。

また、資格があっても支援員として働いていない人が半分いる。

雇用主体は企業がほとんど。教育委員会で1割。

そして一番重要な給与だが、200万円以上~300万円未満がボリューム層で、400万以上が3%程度。これではなあ・・・


これも来年度の重点対応項目。

ただ、業務のアウトソーシングと言えば格好はいいが、実際は安い単価での外部丸投げだからなあ。直営でも非常勤で待遇は悪いし。理念をしっかり組み立てていかないと。




72回の閲覧

最新記事

すべて表示

4月上旬まとめ

■教育データの利活用に関する有識者会議 論点整理(中間まとめ) 後で読む。 しかしタブレットを漸く導入して、さてこれから使い方の研修を・・・といったところが殆どだろうに、こんな話をされても・・・といったところじゃないのか。 GIGA整備みたいに、とりあえず発注して企業と契約してしまえば何とかなったのとはだいぶ違う。職員に相当なレベルのスキルが必要になるのでは。あるいは、ベネッセみたいな大きなところ

【3月29日】国の動きなど

■「#教師のバトン」プロジェクト 文科省のこのプロジェクト、色々な意味で大盛り上がりである。どこに着地させるつもりなのか、注目。 ■教育再生実行会議 余裕があれば読む・・・と思って読まない気がする・・・ 土日に登録した色々なオンラインのものも、最近はダウンしたまま見れてない・・・ ざっと読んで異論はないけど、これを「実務」としたときに、いったい誰がこれだけのことをできるというのか。 ハード整備は業

今年度も残り1ヶ月か

発注済みのGIGA関係事業の年度内完了に向けた作業と、新年度から動くための各種の準備で死ねる。他の自治体も本当に年度内に始末できるんだろうか?事故繰が全国で頻発しないのだろうか? 整備だけなら何とか済みそうだが、ソフトもハードも組織も、問題なく本番運用できるかどうか、非常に不安だ。 とにかく、やることにキリが無い。「できない、わからない」と言ってしまえば楽にはなるけど、そんなしょーもないスタンスで