top of page

【記事】主要15社のシンクライアントを徹底比較

元記事はテックターゲット


ここで紹介されるメーカーは以下のとおり。

【知っている】

ASUS

Google

Dell

富士通

HP

LG Electronics

Lenovo

Raspberry Pi Foundation

Samsung Electronics


【知らない】

Advantech

Centerm Information

IGEL

NComputing

Siemens

10ZiG Technology


■Advantech(台湾)

 工場現場や倉庫内などの工業環境向けのモデル。


■ASUS(台湾)


■Centerm Information(中国)

 日本を除くアジア太平洋地域最大のシンクライアントサプライヤー。小売業界に普及。


■Google

 教育分野ではデスクトップ型シンクライアントが普及。Chromebookでこの分野に進出。Chrome OSを実行するモバイルシンクライアント。

 メリットはコスト。プロセッサ、RAM、ストレージの要件は低いため、同等スペックのWindows搭載ノートPCよりもはるかに安価。その上、学校では生徒一人一人に専用のPCを用意する必要がなくなる。生徒はどのChromebookからでも自分のアカウントにサインインして、クラウドベースのアプリケーションやファイルにアクセスできるため。

 Googleによる一連の生産性向上アプリケーション「G Suite」。


■Dell


■富士通


■HP


■IGEL(ヨーロッパ)

 同社が力を入れているのはVDIソフトウェアだ。その成果の1つが、「IGEL UD Pocket」だ。これは、同社の「Universal Desktop」ソフトウェアの1つのバージョンを保持する小型のUSBドライブだ。PCにこのドライブを差し込むと、ほぼ全てのPCがシンクライアントとして利用できるようになる。


■LG Electronics(韓国)


■Lenovo(中国)


■NComputing

 


■Raspberry Pi Foundation

 最も基本的な形式のデスクトップシンクライアントがコンピュータボード。安価で標準デスクトップシンクライアントと比べても10分の1程度。


■Samsung


■Siemens(ドイツ)


■10ZiG Technology(アメリカ)

閲覧数:197回

最新記事

すべて表示

■地図データのG空間情報センターを介した一般公開について 令和5年1月23日(月)正午(午前12時)より、全国の登記所備付地図の電子データ(※1)を、G空間情報センター(※2)を通じて無償で一般公開することとなりましたので、お知らせします。 G空間情報センターのホームページはこちら これまで、法務局が有する地図データは、地図証明書・図面証明書として法務局で写しの交付を受ける方法や、インターネットで

流石に息切れしてくるねー ■企業サービス 株式会社TKC(本社:栃木県宇都宮市/代表取締役社長:飯塚真規)は、当社が提供する「TASKクラウド スマート申請システム」について機能強化し、今冬以降、順次提供を開始いたします。 ■自治体情報 〇PwCコンサルティング、高松市「デジタル田園都市国家構想」事業にGeoloniaと参画 〇京都市介護保険システムに係る情報提供依頼(RFI) 〇横浜市における障

■自治体調達関係 2022/11/11:新潟市 新潟市インターネット仮想環境構築業務の事業者選定にかかる一般競争入札参加者の公募について 仮想ブラウザ型の調達だ。特に新しい知見なし。 2022/11/8:日経クロステック 広島県らIoT活用「スマートごみ箱」設置、ポイ捨て削減とごみ回収効率化を検証 圧縮するタイミングを掴むことが目的のシステム?よくわからん。 SmaGOの特徴は、ごみの蓄積情報をク

bottom of page