【記事】主要15社のシンクライアントを徹底比較

元記事はテックターゲット


ここで紹介されるメーカーは以下のとおり。

【知っている】

ASUS

Google

Dell

富士通

HP

LG Electronics

Lenovo

Raspberry Pi Foundation

Samsung Electronics


【知らない】

Advantech

Centerm Information

IGEL

NComputing

Siemens

10ZiG Technology


■Advantech(台湾)

 工場現場や倉庫内などの工業環境向けのモデル。


■ASUS(台湾)


■Centerm Information(中国)

 日本を除くアジア太平洋地域最大のシンクライアントサプライヤー。小売業界に普及。


■Google

 教育分野ではデスクトップ型シンクライアントが普及。Chromebookでこの分野に進出。Chrome OSを実行するモバイルシンクライアント。

 メリットはコスト。プロセッサ、RAM、ストレージの要件は低いため、同等スペックのWindows搭載ノートPCよりもはるかに安価。その上、学校では生徒一人一人に専用のPCを用意する必要がなくなる。生徒はどのChromebookからでも自分のアカウントにサインインして、クラウドベースのアプリケーションやファイルにアクセスできるため。

 Googleによる一連の生産性向上アプリケーション「G Suite」。


■Dell


■富士通


■HP


■IGEL(ヨーロッパ)

 同社が力を入れているのはVDIソフトウェアだ。その成果の1つが、「IGEL UD Pocket」だ。これは、同社の「Universal Desktop」ソフトウェアの1つのバージョンを保持する小型のUSBドライブだ。PCにこのドライブを差し込むと、ほぼ全てのPCがシンクライアントとして利用できるようになる。


■LG Electronics(韓国)


■Lenovo(中国)


■NComputing

 


■Raspberry Pi Foundation

 最も基本的な形式のデスクトップシンクライアントがコンピュータボード。安価で標準デスクトップシンクライアントと比べても10分の1程度。


■Samsung


■Siemens(ドイツ)


■10ZiG Technology(アメリカ)

閲覧数:190回

最新記事

すべて表示

■国関係 〇大臣会見2本 https://www.digital.go.jp/news/minister-220930-01/ https://www.digital.go.jp/news/minister-220926-01/ 〇会議 /地方公共団体の基幹業務等システムの統一・標準化に関する関係府省会議(第2回)(令和4年9月30日開催) デジタル田園都市における地域幸福度指標(Well-Bei

■AWS関係 こんなことまでするようになったんだ。 〇つくば市とAWS、研究開発型スタートアップの成長加速に向け連携 〇浜松市と AWS、デジタル・スマートシティ浜松の実現に向け連携 ■フォーラム デジタル市役所に向けDX推進、人材育成とガバクラ対応に悩み 後でゆっくり読むこと。 ■自治体RFI 今回はあんま参考になるのがない。 〇前橋市予算執行業務のDX推進(物品発注、電子請求書発行・管理、会計

東京と比較しても仕方ないけど、やはり大規模都市の方が色々楽しいだろうな~ ・これまでの延長線上にはない、東京全体のDXを推進するための新たな展開を発表。 ・場所は、「スマート東京」先行実施エリアのDXやイノベーション企業が集結する「Shin Tokyo 4TH」。 ・都庁内外の力を結集してイノベーティブなサービスを生み出し、高度なデジタル人材を採用、また、都内区市町村も含めたDXを推進し、そして、