【記事】主要15社のシンクライアントを徹底比較

元記事はテックターゲット


ここで紹介されるメーカーは以下のとおり。

【知っている】

ASUS

Google

Dell

富士通

HP

LG Electronics

Lenovo

Raspberry Pi Foundation

Samsung Electronics


【知らない】

Advantech

Centerm Information

IGEL

NComputing

Siemens

10ZiG Technology


■Advantech(台湾)

 工場現場や倉庫内などの工業環境向けのモデル。


■ASUS(台湾)


■Centerm Information(中国)

 日本を除くアジア太平洋地域最大のシンクライアントサプライヤー。小売業界に普及。


■Google

 教育分野ではデスクトップ型シンクライアントが普及。Chromebookでこの分野に進出。Chrome OSを実行するモバイルシンクライアント。

 メリットはコスト。プロセッサ、RAM、ストレージの要件は低いため、同等スペックのWindows搭載ノートPCよりもはるかに安価。その上、学校では生徒一人一人に専用のPCを用意する必要がなくなる。生徒はどのChromebookからでも自分のアカウントにサインインして、クラウドベースのアプリケーションやファイルにアクセスできるため。

 Googleによる一連の生産性向上アプリケーション「G Suite」。


■Dell


■富士通


■HP


■IGEL(ヨーロッパ)

 同社が力を入れているのはVDIソフトウェアだ。その成果の1つが、「IGEL UD Pocket」だ。これは、同社の「Universal Desktop」ソフトウェアの1つのバージョンを保持する小型のUSBドライブだ。PCにこのドライブを差し込むと、ほぼ全てのPCがシンクライアントとして利用できるようになる。


■LG Electronics(韓国)


■Lenovo(中国)


■NComputing

 


■Raspberry Pi Foundation

 最も基本的な形式のデスクトップシンクライアントがコンピュータボード。安価で標準デスクトップシンクライアントと比べても10分の1程度。


■Samsung


■Siemens(ドイツ)


■10ZiG Technology(アメリカ)

閲覧数:186回

最新記事

すべて表示

あのワイワイガヤガヤの盛り上がりが懐かしい。 ●教育ITソリューション EXPO 5/11から3日間。 ●第2回 自治体DX展 6/29から3日間。 ●自治体デジタル化支援EXPO 6/16から2日間。ジェトロ主催のようだ。

予算は通ったけど、発注準備で思いのほか時間と手間を取られる。 仕様をごろっと変えるときはいつも大変だ!前任者のコピペでよければ秒で終わるが、それじゃしょうもないしね。 ■文科省関係 ★各種の会議体 〇GIGAスクール構想に基づく1人1台端末の円滑な利活用に関する調査協力者会議(第4回)の開催について http://mailmaga.mext.go.jp/c/agbSabqXwSmO1KbX 〇GI

文科から資料がくるけど、何かもうメタメタな内容と対応だなー =============================== 岸田政権の補正事業。 教育ICT関係も多少ある。 https://www.mext.go.jp/a_menu/yosan/r01/1420672_00002.htm 総額では大きいけど、ICT関係はそんなでもないな。 GIGA関係は201億円。そんなでもないな。 ① GIGA